予想外!?大坂なおみ、格下相手にストレート負けで3回戦敗退…ネットからは様々な声 | RBB TODAY

予想外!?大坂なおみ、格下相手にストレート負けで3回戦敗退…ネットからは様々な声

エンタメ スポーツ
(Photo by David Ramos/Getty Images)
(Photo by David Ramos/Getty Images) 全 4 枚
拡大写真
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 大坂なおみが、東京オリンピック「テニス・女子シングルス」3回戦で早くも姿を消す波乱があった。


 金メダルに向けて1回戦を危なげなく勝ち上がった大坂。続く2回戦でもストレート勝ちの“圧勝”だった。だがこの日、世界ランキング2位の彼女は格下の選手で、同じく世界ランク42位のチェコのマルケタ・ボンドロウソバの前に精彩を欠いた。

 初対戦、しかもサウスポーということもあったのか、終始相手のペースに巻き込まれ苦戦。良いショットもあったが、左右に振られてもついていかないことも多く、課題も残った。

 結局、大坂は1セットも取れず、わずか1時間あまりで試合は終了。SNSでは「お疲れさまでした」というねぎらいの声や、「大番狂わせも五輪の魅力」といった、戦いの醍醐味を味わうユーザーもいたが、「いい時と悪い時がはっきりしてる」「競技に集中できていたとは思えず、負けるべくして負けた」といった厳しい声も寄せられている。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース