松本人志、『いいとも!』時代の恥ずかしすぎる思い出を回顧… | RBB TODAY

松本人志、『いいとも!』時代の恥ずかしすぎる思い出を回顧…

エンタメ その他
ダウンタウン・松本人志【写真:鶴見菜美子】
ダウンタウン・松本人志【写真:鶴見菜美子】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 松本人志が、30日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に出演。『笑っていいとも!』(同系)でレギュラーを務めていた頃を振り返った。


 「(『いいとも!』が収録されていたスタジオアルタを)出るときにガードマンさんが5~6人つく」と語った松本。しかも「(ガードマンが歩くスピードが)遅いねん。でも(周りに)ファンなんか全然、おれへんねん」と不満爆発。

 そして「5~6人が、こうして(自分を取り囲んでいた)」と述べ、「恥ずいんや。『いや、もう、いいです、もういいですよ』みたいな」と振り返った。

 また以前はフジテレビに到着した際、松本のために関係者10人ほどが出迎えに来ていたという。そうした待遇に彼は「当たり前だと思っていた。みんながそうだと思っていた」が、「そうじゃないと気付いたときに、急に恥ずかしくなってきた」と説明。「今は誰も待ってない」としながら、「浜田はやってるけどね」と相方をイジっていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース