松本まりか、21年ぶりに山田孝之と共演!第1声は「孝之、美しかったね」 | RBB TODAY

松本まりか、21年ぶりに山田孝之と共演!第1声は「孝之、美しかったね」

エンタメ 映画・ドラマ
松本まりか【撮影:浜瀬将樹】
松本まりか【撮影:浜瀬将樹】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュース

 女優の松本まりかが1日、Instagram(インスタグラム)を更新。21年ぶりに俳優・山田孝之と共演したことを明かした。

 7月31日~8月2日にかけてNHK総合でドラマ『六番目のサヨコ』が再放送。同作は、とある中学校に伝わる“サヨコ伝説”と、その中学校に突然やって来た転校生・サヨコをめぐる少年少女たちの友情と、子供たちにとって学校とは何かをミステリータッチで描く学園ドラマ。主演は鈴木杏で、栗山千明、山崎育三郎、勝地涼など今を時めく俳優陣が多数参加。松本にとって『六番目のサヨコ』は女優デビュー作であり、鈴木扮する主人公の親友役で出演。山田は主人公の幼馴染役で出演していた。

【グルメ PICK UP】
※都内の超人気カレーパンを食べ比べ! 冷めても美味しい絶品カレーパンを発見!※「高級生食パン」を食べ比べ! 満場一致であのブランドが1位に…!※一足早い初夏の絶品ケーキ!コストコの「マンゴームーススコップケーキ」

 当時中学3年生だったという松本は「初めての仕事、大人の世界。何より演じることの面白さに取り憑かれたこの作品」と演技の世界にハマるきっかけとなる作品だったとつづり、「この作品がなければ私は女優になりたいと思わなかったし、見向きもされなかったとしても、21年演じることをやめさせないでもらえた、私の情熱の発端、情熱の泉です」と記した。

 続けて、松本は同日に山田と21年ぶりに偶然共演したことを報告。現場に入ると山田は血や汗まみれで椅子に座っていたそうで、「並大抵の人生からは醸せないであろう、異様な美しさを放っていました」と様子を明かした。

 かねて『六番目のサヨコ』のその後を描いた作品を撮りたいと山田と話していたという松本は第1声で「孝之、美しかったね」とドラマの話をしたという。すると、山田からはすぐさま「ココロは今の方が美しいよ」と返ってきたと言い、「それ以上、それ以外の言葉が見当たらないくらいの返しでした。オトナになるほど心は美しくなってゆけるものだと、私も信じています。そしてその心は表面的な美しさを超えて外見に現れゆくものだと。昨日より今日、今日より明日、来年、十年後、三十年後、より美しい生き方をしていける。自分の心持ち次第で。そんな風に21年前の友に教えられた日でした」とつづった。

 投稿では21年前の松本と山田の写真と、成長した2人の今の写真が公開に。ファンからは「二人とも若い!」「素敵な関係!」「戦友ですね」「懐かしい」など多くのコメントが寄せられている。

・松本まりか公式Instagram
https://www.instagram.com/p/CSCMINllMpm/

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース