ベッキー、若槻千夏と共演したくなかった!理由明かす | RBB TODAY

ベッキー、若槻千夏と共演したくなかった!理由明かす

エンタメ その他
ベッキー【撮影:浜瀬将樹】
ベッキー【撮影:浜瀬将樹】 全 2 枚
拡大写真
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 ベッキーが、8日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に出演。同時代のバラエティを牽引した若槻千夏について語った。


 昨年バラエティに出た際、「思ってた感じと違う空気になった」というベッキー。「いい感じで(共演者同士が)バトルになるかなと思ったらならなかった」と振り返り、「(自分の回し方が)時代に合ってないんだと思った」と告白。バラエティから身を引こうとしたと明かした。

 そんなベッキーだが、「辞めたいと思っていた私を救ってくれたのが若槻千夏ちゃん」と切り出すと、15年ぶりに彼女と共演したときのエピソードを披露。それはラジオでの1時間のフリートークだったそうだが、思いのほか盛り上がり、連絡先を初めて交換。若槻から「ラジオでも話せないような本音トークしない?」と持ち掛けられたという。

 若槻とは同じ年に生まれているというベッキー。お互いバラエティの最前線で活躍していた当時は、あまり共演がなかったそう。ベッキーは「(私と若槻は)なんならキャラ被るから、お互い意識していた」と告白。「ライバル的な感じ?」と聞かれると、「私は共演したくなかった。なぜなら面白すぎるから」と、共演を極力避けていたと告げた。

 またベッキーは、ラジオ終わりで交わした会話として、「『もう辞めようかと思ってた』みたいなこと言ったら、(若槻から)『ベッキーさんは、前のところに戻って欲しいし、戻らなくちゃいけない。こういう仕事をもっとやってほしい』と言われた」と回顧。「もう1回バラエティやりたい」と意欲が湧いたと話していた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース