井浦新、『アンナチュラル』担当Pからオファーなく不安「なんか、やってしまったかな」 | RBB TODAY

井浦新、『アンナチュラル』担当Pからオファーなく不安「なんか、やってしまったかな」

エンタメ その他
井浦新【撮影:浜瀬将樹】
井浦新【撮影:浜瀬将樹】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 井浦新が、18日放送の『王様のブランチ』(TBS系)に出演。10月から始まる金曜ドラマ『最愛』(同系)への想いを語った。


 今作の担当プロデューサーは、2018年1月クールに放送された『アンナチュラル』も手掛けた新井順子。同作に出ていた井浦は、約4年ぶりに新井からオファーを受けたことに感激したという。

 彼はその理由として、「4年前に参加した作品では、共演者の方たちが、ことごとく皆さん仕事していく中、自分だけ取り残されていた」と吐露。『アンナチュラル』から仕事の幅を広げた役者や、新井作品に再登板された俳優がいた中、「『なんか声かかんないな』『なんか、やってしまったかな』と、ずっと不安だった」と述べた。

 続けて井浦は「『どうしてだろうなぁ』と思ったんですけど、本当に有難いことに今回、声をかけていただいた」と感謝。リポーターの松元絵里花から「じゃあ、その不安が今回払拭された?」と聞かれると、「はい…はい」と、ためらいがちに答えていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース