バカリズム、台本に文句付けてくる俳優に困惑 | RBB TODAY

バカリズム、台本に文句付けてくる俳優に困惑

エンタメ その他
拡大写真
 脚本家・タレントのバカリズムが19日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演し、自らが執筆した台本を巡る俳優とのトラブルについて語った。

 「いろいろ、面倒くさいことを言ってくる役者さんがいる」と暴露したバカリズム。台本に対して「こういうこと言いたくない」「ちょっと納得いかない」「見えない」などとうるさく文句を付けてくる俳優がいることを明かした。

 バカリズムは、そうした俳優について「だいたい、うわさが回ってるんですよ。プロデューサーさんにキャスティングの段階で『この人面倒くさいこと言わないですよね』と確認してからやる」と、配役段階から警戒していることを告白。それでも文句を言ってきた俳優については「そういう人はその場限りにして、いろんな所でその人のことを言いふらす」と話した。

 劇作家の根本宗子は「逆にかわいそうな場合もある。ご本人はすごくいい方で何でもやってくださるのに、周りが過剰にやって、本人に何も伝わらなく終わっちゃうとかは、とても残念だと思う」と語った。

 これにダウンタウンの松本人志は「逆に、マネジャーが言い出したことにしておいてくれということもあるけどね。心理戦ですよ」と応じた。

《角谷》

【注目記事】

関連ニュース