安住紳一郎アナ、18年半で幕『ぴったんこ』最終回で男泣き! | RBB TODAY

安住紳一郎アナ、18年半で幕『ぴったんこ』最終回で男泣き!

エンタメ その他
拡大写真
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 安住紳一郎アナが、24日放送の『ぴったんこカン・カン 3時間スペシャル』(TBS系)で、涙ながらに最終回の挨拶をした。 


 2003年4月からスタートした同番組もこの日で最終回。そのエンディング、安住アナは「この18年と6ヵ月お送りしてきました『ぴったんこカン・カン』ですが、一度店じまいということになりました」と告げた。

 同じくスタート時からMCを務めてきた久本雅美は、「ありがとうござい…」とまで言うと、目に涙をためながら、「18年半ありがとうございました。(番組の中で特別に)私の自宅まで公開したので、どうにか責任持っていただきたいと思います。誰か一緒に住め!コノヤロー!」と、ジョークまじりに吠えた。

 この後、改めて挨拶を行った安住アナ。目を潤ませながら「本当に寂しい気持ちでいっぱいですけれども、また新しい挑戦をということで私の“わがまま”を今回は皆さんが聞いてくださることになりました。皆さんの思いを胸に、また日々頑張りたいと思っています。またどこかでお会いできる日を楽しみにしています」と述べた。彼は10月から朝の情報番組『THE TIME,』(同系)の総合司会を務める

 だが安住アナはこの直後、いきなり涙声になり、男泣き。目を真っ赤にしながら「本当にありがとうございました」と感謝すると、久本から「お疲れさまでした。朝の番組頑張ってね」とエールが寄せられた。だが最後、普段の口調に戻った彼は、「それでは『金曜の夜はあなたとぴったんこ』。またお目にかかります。ごきげんよう、さようなら」と、いつものように締めくくっていた。

《杉山実》

【注目記事】

関連ニュース