『王様のブランチ』、上白石萌音の新曲「I'll be there」が新テーマソングに | RBB TODAY

『王様のブランチ』、上白石萌音の新曲「I'll be there」が新テーマソングに

エンタメ 音楽
(C)ユニバーサル ミュージック
(C)ユニバーサル ミュージック 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 今年、放送開始25周年というアニバーサリーイヤーを迎えた情報バラエティ番組『王様のブランチ』(TBS系)。このたび、番組の10月からの新テーマソングに、上白石萌音の新曲「I'll be there」が決定した。


 上白石といえば、映画や舞台をはじめ、昨年大ヒットした火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』、そして今年1月期の火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』と2年連続主演を務めるなど、女優として活躍中。その一方で、声優、歌手としての活動も注目を浴びている。今夏リリースした昭和・平成の名曲をカバーした2枚のカバーアルバム『あの歌』も話題となった。

 そんな上白石が歌う「I’ll be there」は、今回『王様のブランチ』のテーマソングとして書き下ろされた新曲。ピアノの旋律が華やかなポップナンバーで、自分らしく生きていく決意を映し出すポジティブな歌詞が魅力。ちなみに、新テーマソング「I’ll be there」の音源は、25日放送の『王様のブランチ』生放送内で初解禁された。10月2日の放送から『王様のブランチ』のテーマソングとして番組に華を添える。

 上白石は、「何度もお世話になっている番組に、これからは毎回携われるなんてとてもうれしいです!番組冒頭で佐藤栞里さんが挨拶される時の弾けるような笑顔をイメージしながら歌いました。土曜の朝に元気をくれる『王様のブランチ』に、そっと寄り添えますように」とコメントしている。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース