大東駿介、『いだてん』秘話…カナヅチなのに「泳げる」と虚偽申告!水泳選手役ゲット | RBB TODAY

大東駿介、『いだてん』秘話…カナヅチなのに「泳げる」と虚偽申告!水泳選手役ゲット

エンタメ その他
大東駿介【写真:竹内みちまろ】
大東駿介【写真:竹内みちまろ】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】

 大東駿介が、13日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に出演。2019年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』について語った。

 この日は、星ひとみが運勢を占った。彼女によれば大東は「自分を追い込んだり、あえて“いばらの道”を行く人」なのだとか。これに彼は「はい、自覚あります」と素直に認めた。

 すると、この日のもう1人のゲストで、『いだてん』でも共演していた皆川猿時が「大東くん、もともと泳げなかったのに、『泳げる』って嘘ついて平泳ぎの選手やってたもんね」と暴露。

 これに大東も「そうなんです」と答えつつ、水泳の選手役でオファーされた際「『ああ、全然泳げます』と言ったんですけど、(本当は)全然泳げなかった」と自白。さらに「全体練習がクランクインの3ヵ月ぐらい前に始まった」としつつ、「それまでの間、クロールの選手だと思ってクロールの練習してたら、平泳ぎの選手でした」と振り返っていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース