坂口健太郎、清野菜名から水かけられた!?「何回もかけられました」新・火曜ドラマの裏側語る | RBB TODAY

坂口健太郎、清野菜名から水かけられた!?「何回もかけられました」新・火曜ドラマの裏側語る

エンタメ その他
坂口健太郎【撮影:浜瀬将樹】
坂口健太郎【撮影:浜瀬将樹】 全 2 枚
拡大写真
【PICK UP】

 坂口健太郎が、16日放送の『王様のブランチ』(TBS系)に出演。19日からスタートの新・火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(同系)の見どころを語った。

 同作は清野菜名主演。坂口演じる大手広告代理店に勤めるサラリーマン・百瀬柊が、清野演じる結婚願望ゼロのデザイナー大加戸明葉に、出会っていきなりプロポーズ。さらにひょんなことから偽装結婚するという一風変わったラブコメディー。

 1話の注目シーンを聞かれると、坂口は「僕は完全に1話でいうと、(清野から)水かけられるシーン」と回答。リポーターの松元絵里花から「どうですか、水をかけられた心境は?」と聞かれると、「水かけられた心境か…」と若干戸惑いながらも、「前半の百瀬はちょっとイラッとする感じもあるから、(清野演じる大加戸が)バシャッとかけてスッキリする(気持ちも分かる)」と答えた。

 続けて坂口は「何回もかけられました」「1回じゃないです。撮影ではいろんな角度で撮ったりするので」と述べた。松元が「そのたびに乾かして!?大変ですね。それは」と、苦労を思いやった。

 松元が「かける側も緊張する感じですね」と質問すると、清野も「すごい緊張しました。自分のせいで何回もやらせちゃったら申し訳ないと思って。顔に集中して当たるように頑張った」と回顧。坂口は「でも難しいよね。水をかけるって普通ないから」と、清野の頑張りをねぎらっていた。

【PICK UP グルメ】

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース