坂口健太郎、『おかえりモネ』プロポーズシーンを回顧 清原果耶の演技に感嘆 | RBB TODAY

坂口健太郎、『おかえりモネ』プロポーズシーンを回顧 清原果耶の演技に感嘆

エンタメ その他
坂口健太郎【撮影:浜瀬将樹】
坂口健太郎【撮影:浜瀬将樹】 全 2 枚
拡大写真
【PICK UP】

 坂口健太郎が、19日放送の『あさイチ』(NHK)にVTR出演。NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』で共演している清原果耶について語った。

 坂口はまず、プロポーズのシーンの一言に、彼女の表現力のすごさを感じたという。劇中、坂口が演じる菅波光太朗が、清原演じる永浦百音にプロポーズする際、「永浦百音さん」と名前を呼ぶくだりがある。

 この呼びかけに対し百音は「はい」と答えているが、坂口は、「その時の『はい』の一言だけでも、モネもどこか覚悟を決めようとしているというか、今から言われることを、きっとモネの頭の中でも考えている」と、清原の演技を推察。さらに「(『はい』と答えた)一瞬の表情だけで、その先も分かる。『はい』だけなんですけど、『はい』だけじゃないという感じがする」と彼女を称賛。

 さらに百音が「でも、先生だって光太朗さんって呼ぶと、顔こんなにして嫌がるじゃないですか」と言って、菅波の顔まねをするシーンがある。これについても坂口は「台本のト書きで、モネがそういう顔をすることは書かれていなかったと思う」と解説。

 その上で、「(清原は)仲良くなってきた2人のさまを楽しく見てもらえるようにというのは意外と意識していたのでは」と述べた。このメッセージVTRに清原は笑みを浮かべながら「ありがとうございます」と感謝していた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース