菅波、泥酔して帰って来た父・耕治と対面……『おかえりモネ』26日放送117話 | RBB TODAY

菅波、泥酔して帰って来た父・耕治と対面……『おかえりモネ』26日放送117話

エンタメ 映画・ドラマ
『おかえりモネ』117話 (c)NHK
『おかえりモネ』117話 (c)NHK 全 4 枚
拡大写真
 25日放送の『おかえりモネ』、実家に百音と菅波、母・亜哉子(鈴木京香)、祖父・龍己(藤竜也)の4人がテーブルを囲んでいた。そこには、父・耕治(内野聖陽)の姿はない。

 沈黙の中、「ほんとにすみません…」「急にさっき出かけてっちゃって…」と耕治の不在を詫びる亜哉子。龍己は「逃げたんだろ…」とぼそりとつぶやく。

 26日の放送では、耕治(内野聖陽)の帰りを待つ間、百音(清原果耶)は菅波(坂口健太郎)に、未知(蒔田彩珠)の研究スペースを案内する場面も。そこで2人の仕事について語り合っていると、泥酔した耕治が帰ってくる。「将来を誓い合う2人がする会話か」と文句を言いながらも、いつの間にか百音・菅波・耕治の3人でこれからの仕事について話し合う。そして菅波は改めて自分たちの将来について話す。それを聞いた耕治と亜哉子(鈴木京香)は…。

《RBB TODAY》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース