NHK杯3位!三浦璃来は涙、木原龍一はガッツポーズ…ここまで2人が対照的だったワケ | RBB TODAY

NHK杯3位!三浦璃来は涙、木原龍一はガッツポーズ…ここまで2人が対照的だったワケ

エンタメ スポーツ
(Photo by Atsushi Tomura - International Skating Union/International Skating Union via Getty Images)
(Photo by Atsushi Tomura - International Skating Union/International Skating Union via Getty Images) 全 4 枚
拡大写真
【PICK UP】

 14日放送の『2021 NHK杯フィギュア』(NHK総合)で、三浦璃来、木原龍一ペアのある“真相”が明らかになった。

 同大会で209.42点をマークして3位となり、先月のアメリカ大会に続き表彰台に上がった三浦・木原ペア。昨日のフリープログラムで点数が出た際、結果を待っていた木原は、何度もガッツポーズをして大歓喜。一方の三浦は涙を流していた。この日2人は、トークコーナー「スケーターさんいらっしゃ~い」に参加した。

 2人の対照的な姿について村元哉中から「そのときの真相は?」と聞かれると、まず木原は「正直、こんなに喜んだつもりはなかった」としつつ、「(改めてみると)小学生みたいな喜び方をしていた」と語った。

 続いて三浦は、「私は自分のミスがすごい悔しかった」と、“悔し涙”だったと回答。さらに「すっごい悲しいのに、隣ですっごい喜んでるから、なんでこの人こんなに喜んでるんだろうって……」と疑問に感じていたと回顧。これに高橋大輔は「やっぱり女性は細かいところまで気になる部分があるからね」と理解を示した。

 また、村元から「璃来ちゃんは、龍一に直してほしいところとかある?」と尋ねられると、三浦は「プログラムってその曲に合わせて演技をしないといけないじゃないですか。この人、ずっと笑ってるんですよ。私たちのフリープログラムって笑う曲じゃないんです。もうちょっと演技をしてほしいなと思います」とダメ出し。

 これについて木原は「コーチにも『笑顔はすごい素敵だが、小学生みたいに笑うのはやめなさい』と言われていた」としたうえで、「璃来ちゃんはしっかり演技をして顔も作っていたんですけど、よく見たら僕は全力でスマイルをしてて。またやってしまったって!」と反省。三浦から「舌も出してました」と暴露されていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース