【お取り寄せグルメ】乃木坂46・梅澤美波が紹介して話題の「十豚巻き餃子」を注文してみた! | RBB TODAY

【お取り寄せグルメ】乃木坂46・梅澤美波が紹介して話題の「十豚巻き餃子」を注文してみた!

ライフ グルメ
【お取り寄せグルメ】乃木坂46・梅澤美波が紹介して話題の「十豚巻き餃子」を注文してみた!
【お取り寄せグルメ】乃木坂46・梅澤美波が紹介して話題の「十豚巻き餃子」を注文してみた! 全 17 枚
拡大写真
 『乃木坂工事中』で梅澤美波が紹介したり、『マツコの知らない世界』でも取り上げられるなど話題となっているお取り寄せグルメ「十豚巻き(とんとんまき)餃子」。こちらは、「豚丼」などの豚肉の食文化が浸透している十勝帯広にある企業「幸大」が生産販売する商品で、餃子の餡を北海道産の豚肉で包んだ“新感覚”の餃子になっている。

北海道産の素材の旨味をギュッと凝縮した「十豚巻き餃子」。


 「十豚巻き餃子」には4種類の味があり、幸大のHPでは、生姜たっぷりの「十豚巻き餃子(8個入り)野菜」(税込1,620円)、希少価値の高い行者にんにくを使った「十豚巻き餃子(8個入り)行者にんにく」(税込1,728円)、とろ~りチーズを使用した「十豚巻き餃子(8個入り)チーズ」(税込1,836円)、「十豚巻き餃子(8個入り)アスパラ」(税込1,836円)が送料別途価格で販売されている。今回は、送料分が若干お得な楽天ショップにて、「十豚巻き餃子3種セット(行者にんにく8個・野菜8個・チーズ8個)」(税込 5,500円/送料無料)を購入した。

自然豊かな十勝帯広の食材をメインに使用した、生姜たっぷりの「十豚巻き餃子 野菜」(税込1,620円)。


希少価値の高い天然物の行者にんにくの山菜を加えた「十豚巻き餃子 行者にんにく」(税込1,728円)。


とろ~りチーズを使用し、旨味にコクをプラスした「十豚巻き餃子 チーズ」(税込1,836円)。


 10月に『乃木坂工事中』で紹介されて以降、注文が殺到し、順次発送しているとのことで、注文から2週間ほどが経ち、ようやく到着。豚肉は焼かれていない状態で冷凍便にて届くため、自宅での調理が必要だ。調理方法は普通の餃子と同じ要領だ。まず餃子を冷蔵庫に移し、半解凍の状態にする。その後に、フライパンに油をひき、餃子を並べ、片面2分ずつ中火で焼いていく。

まずは、フライパンに油をひき、中火を付ける。


「十豚巻き餃子」をフライパンに並べていく。


いい感じで焼けたら、ひっくり返して裏面も焼く。


 両面に多少焦げ目がつくくらいに焼けたら、水を20~30CCほど入れ、蓋をして水がなくなるまで中火で焼けば完成だ。

水20CC~30CCを投入。香ばしく焼ける豚肉の香りが、たまらない。


水がなくなるまで、しばし中火で蒸し焼きにする。




 蓋を開けたら、こんな出来栄えに。肉汁がたっぷりと出ていて、美味しそうだ。

一番左の列から縦にチーズ、野菜、行者にんにくと並べている。


 まずは、一番人気の「野菜」から実食してみると、豚肉が柔らかくてジューシーで美味しい!オイスターソースやごま油が効いた味付けも絶妙で、「お取り寄せグルメ」として人気になるのも納得の逸品だ。餡には新鮮野菜や生姜がたっぷりと包まれていて、シャキシャキとしていて歯ごたえもいい。

キャベツやニラなどの北海道産の新鮮な野菜がたっぷりと入った「野菜」味。


 続いて、「行者にんにく」味をいただくと、餡にたっぷりと加えられた「行者にんにく」の風味が効いていて、やみつきになる味わい。普通のにんにくにプラスして「行者にんにく」の山菜が入っているため、パワーが付きそうだ。

にんにくのパンチが効いていて、より餃子感が増す印象の「行者にんにく」味。


 「チーズ」味は、餡に練りこまれたナチュラルチーズが溶けだし、表面がパリパリに香ばしく焼かれていて美味。チーズによってよりクリーミーでマイルドな味わいになり、豚肉とのコラボが最高だった。

溶けだしたチーズがパリパリして美味しい。


とろ~りチーズにより、旨味にコクがプラスされている。




 一つ一つ丁寧に手作りしているという「十豚巻き餃子」。焼いても型崩れせず、冷めても美味しいため、お弁当のおかずにもピッタリだ。餃子さながらに醤油やラー油で食べたり、大葉で巻くなどのアレンジをしても良いだろう。気になる方は、ぜひ楽しんでみては。

《高永きょん》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース