元乃木坂46・中田花奈、運営代表に不満ぶつけた過去「どうしてスカート短くないの?」 | RBB TODAY

元乃木坂46・中田花奈、運営代表に不満ぶつけた過去「どうしてスカート短くないの?」

エンタメ その他
拡大写真

 乃木坂46の元メンバー中田花奈が、17日更新のアルコ&ピースのYouTubeチャンネル『アルピーチャンネル_アルコ&ピース公式』に出演。グループ在籍時代のエピソードを語った。

 2020年10月にグループから卒業した中田。この日は、ラジオ番組『沈黙の金曜日』(FM FUJI)でも長年共演してきたアルコ&ピースと対談。酒井健太が、最近の同チャンネルの再生回数の窮状や、あまり稼働できていないことを嘆きつつ「ここで何とか……頼むよ!」と訴え、平子祐希も「最後にデカいのを……」と、話題になりそうな話題をリクエスト。

 すると中田は「自分とかのでも良いですか?」と切り出し、「乃木坂の初期の頃は、なんでスカート短くないし、ダンスもキャピキャピしてないんだろうとずっと思ってて、言ったことがある」と告白。酒井から「運営とかに?」と聞かれると、「はい」。

 意外な自己主張に、アルピーの2人も大笑い。中田は「(もともと)AKBさんが好きだった」と、乃木坂の比較的おとなしい衣装、また“THEアイドル”を思わせるダンスではないことに不満を覚えていたよう。彼女が運営にそれをぶつけたのは17歳のとき。「これ、何シングル続きますか?」「いつまでやりますか?」と、グループを束ねる代表・今野義雄に、こうした路線がどこまで続くのか聞いたのだとか。 

 その上で「確かに『ガールズルール』(2013年の6thシングル)で変わったりした」と、中田が思うようなアイドル曲もあったと回顧。そして「乃木坂のカラーをつけるための戦略ではあったと思うんですが、私は本当はアイドルがやりたかったのにと、その時はずっと思っていた」と話していた。




《杉山実》

特集

【注目記事】
【注目の記事】[PR]

関連ニュース