日向坂46・影山優佳、『東大王』で正解連発!本領発揮にヒロミも驚き!愛称“命名”「シャドーマウンテン」 | RBB TODAY

日向坂46・影山優佳、『東大王』で正解連発!本領発揮にヒロミも驚き!愛称“命名”「シャドーマウンテン」

エンタメ その他
拡大写真

 日向坂46・影山優佳が、25日放送の『東大王』(TBS系)に出演し、本領を発揮した。

 先週18日放送の同番組に初出演し、健闘していた影山。番組でもおなじみの鈴木光や岡本沙紀を輩出した筑波大学附属高等学校出身で、また同校のクイズ研究会に在籍していたことが紹介されていた。

 そんな彼女は今週もオープニングから八面六臂の大活躍。「JALが木製の車椅子を導入した理由は?」という問題に、出演者全員の中で唯一正解(答えは「金属探知機をそのまま通過できるように」)。「内閣総理大臣官邸前の緑地は何に使う?」というクイズにも即答した(答えは「ヘリポート」)。

 先週よりさらに加速するクイズ女王ぶりに、ヒロミも「影山ちゃん凄いなぁ」と感嘆。途中から「シャドー・マウンテン(影山)」という愛称まで命名するほど。

 彼女は難読漢字でも存在感を示した。「右ける」を「たすける」、「感ける」を「かまける」と次々と正解。他の早押し問題も、押し負けるが分かっているクイズも多々あったよう。最終的には東大王チームがそれを上回る驚異の正解率を誇り、芸能人チームは負けてしまったものの、ファンはネットで「これからが楽しみすぎる」「快進撃です」「ナイスファイト」と称えていた。


《杉山実》

特集

【注目記事】
【注目の記事】[PR]

関連ニュース