【オトナのガジェット研究所】スマホ操作の実現で生活が変化!? 新型ルンバをレビュー(動画あり) 4ページ目 | RBB TODAY

【オトナのガジェット研究所】スマホ操作の実現で生活が変化!? 新型ルンバをレビュー(動画あり)

IT・デジタル その他
iPhoneやAndroidスマホから「iRobot HOME」アプリを使って動かせる
iPhoneやAndroidスマホから「iRobot HOME」アプリを使って動かせる 全 10 枚
拡大写真
■忙しいビジネスパーソンは「タイマー予約」が必須

 スマホアプリと連携してどんなことができるのだろうか。おそらくわが家を不在にしがちなビジネスパーソンにとって、一番便利に感じられる機能は「タイマー予約」ではないだろうか。

 平日は夜遅くまで働いて、週末はプライベートや仕事の付き合いで外出しがち。「いったい、いつ掃除すればいいのさ?」とイライラが積もる毎日に悩まされている方も、インターネット経由でルンバが遠隔操作ができる機能があればお悩みは解決だ。

 操作はとても簡単で、スマホアプリから「CLEAN」をタップすれば掃除がいつでもスタートできる。定期的に掃除したい場合はスケジュール予約の機能を使うのもいいだろう。

 「清掃モード」もアプリから細かく設定してカスタマイズできる。例えば、筆者宅のようにカーペット敷きのスペースが多い家では「カーペットブースト」が有効だ。

 こちらのモードを「オート」にしておけば、フロアトラッキングセンサーによって床がカーペットと認識されたら自動で吸引力を「通常の10倍」にアップしてしっかり吸い込む。

 フローリングの床に移動したら、自動的に吸引レベルを変更してくれる。ルンバを観察していると吸い込む音が「ギューン」という高い音から「キューン」という少し静かな音に変わるので、ちゃんとブーストがかかっていることがわかる。

 通常の掃除はごみやほこりを一回の走行で取り除く「クイックモード」で十分だが、ペットのいる家庭や大掃除の時にはルンバが入念に2回走行してまわってくれる「ディープクリーンモード」がおすすめだ。

 ほかにも面積の広いところを掃除した後には、壁際や家具の足回りなどエッジクリーンで丁寧に掃除するモードも、アプリからオン/オフを選べる。

 アプリ上では清掃状況のデータをモニタリングできる。たとえば何か障害物に乗り上げてしまった場合は、ホーム画面に赤いエクスクラメーションマークが表示されるのでわかる。残念ながら、ルンバは車輪で移動するロボットなので、乗り上げてしまった場合などはもう帰宅して助けてあげるほかに手はないのだが。

 ほかにもルンバの使い方ナビゲーションやソフトウェアの自動アップデート、Webショップ「アイロボットストア」へのリンクなどもアプリに完備されている。
  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 続きを読む

《山本 敦》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース