TOHOシネマズ、『スター・ウォーズ』最新作の値上げ理由は「作品的な価値を踏まえて」 | RBB TODAY

TOHOシネマズ、『スター・ウォーズ』最新作の値上げ理由は「作品的な価値を踏まえて」

エンタメ 映画・ドラマ
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」ポスター
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」ポスター 全 2 枚
拡大写真
 12月18日公開の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の鑑賞料金の値上げを発表した映画館・TOHOシネマズが、値上げ理由を「過去の事例を参考に作品的な価値を踏まえて」とした。

 TOHOシネマズは、同作品の鑑賞料金について、一般料金を通常の1800円から2000円の特別価格へ200円値上げした。

 値上げ理由については明かされていなかったが、12日に公式サイトで「本作のご鑑賞に際し、過去の事例を参考に作品的な価値を踏まえて一般料金を特別価格に設定させていただく事になりました。予めご了承いただきますようお願い申し上げます」とアナウンスした

 なお、特別価格の対象となる劇場は、日劇、渋谷、六本木ヒルズ、日本橋、新宿、梅田、なんば、西宮OSの計8館。

《花》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース