「東京電力と組む矛盾はない」「再生可能エネルギーの発表は年内」……ソフトバンク宮内社長 3ページ目 | RBB TODAY

「東京電力と組む矛盾はない」「再生可能エネルギーの発表は年内」……ソフトバンク宮内社長

エンタープライズ 企業
ソフトバンク宮内社長
ソフトバンク宮内社長 全 2 枚
拡大写真
--- いま携帯3社は横並びのサービスになっていているが、そういう状況でソフトバンクショップの活用はどうなっていくのか?

宮内氏:ソフトバンクショップだけでも、いま全国に2,600店以上もある。そのなかでショップの在り方も変わってきている。昔は単なる携帯電話の売り場だった。いまはショップでたくさんのユーザーにスマホの使い方を教えたり、その上でECの利用法を教えたりしている。今後、IoTやAI、ロボットなどが増えていく中で、家庭内ですべてのセンターになるものがスマートフォンだと思う。それをベースに、電気を効率よく使うためのアプリケーションなども発表していく。

 これからの時代の家計に占める多くのものがICTとリンクする状況において、ショップも最適なステーションになるだろう。ソフトバンクショップそのものを携帯ショップから、ICTやEC、電気、光などトータルでアドバイスできる店舗に3年をかけて作り変えてたいと考えている。Pepperも普及しており、かなり使えることもわかってきた。これからは接客サービスなどでどんどん活用し、顧客とスタッフが対面する前に話の7割ぐらいが終わっている状況にして、スタッフの負担も減らしたい。いずれにしても店舗が繁栄しなくては、我々も繁栄しないものと考えている。

--- ADSLや携帯電話に参入した際は、価格破壊を謳い、かなりインパクトがあったが、今回は大人しいように感じる。それはなぜか?

宮内氏:大人しいとは思っていない(笑)。ある意味では、セット割ということが顧客のプラスになると考えている。あの当時のような、単なる価格破壊の時代は過ぎ去った。スマートフォンになってから、提供できるバリュー競争の時代になっている。バリュー競争のためには、ネットワークインフラにも投資しなければならない。単なる価格破壊うんぬんというよりも、むしろトータルバリューでの価格破壊を見てほしいと思う。

--- ソフトバンクでんきも2年契約縛りになるのか? 

馬場氏:1年契約と2年契約をプランに応じて用意している。途中で解約した場合は、解約金という形で割引き相当分をご返金いただくことになる。電気そのもについては東電との契約になるので、そのまま継続利用できる。

--- FIT電気(再生可能エネルギー)についての予定について教えてほしい。

馬場氏:年内の早いうちに発表したい。電源は、太陽光や風力と分けずにFIT電気として開示する。すでに会社としてホールディングの申請をしたところなので、登録でき次第、すぐに発表する予定だ。料金体系にもソフトバンクでんきに似た形で分かりやすくする。

--- かつて東電はスピードネットの時代にソフトバンクと提携し、かなり痛い目にあった記憶がある。そういう恩讐を乗り越えての提携なのか?

眞田氏:そういう時代があったことも聞いているが(笑)、電力の自由化を迎え、販売力やサービス開発力でも非常に強力なパートナーとして提携させてもらった。

宮内氏:東電は法人の営業部隊はあるが、コンシューマーレベルの営業活動はなかった。そういう点では、我々がショップをたくさん有しており、そのスタッフがスマートフォンの説明ができたり、電気の自由化によって電気の説明もできるようになる。いろいろなアドバイスができるようになることが大改革だと思う。
  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3

《井上猛雄》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース