2眼スマホが勢揃い!ドコモ 2018年夏モデルの特徴は? 3ページ目 | RBB TODAY

2眼スマホが勢揃い!ドコモ 2018年夏モデルの特徴は?

IT・デジタル スマートフォン
ドコモ2018年夏モデルにはデュアルレンズカメラ搭載の最新スマホが勢揃い
ドコモ2018年夏モデルにはデュアルレンズカメラ搭載の最新スマホが勢揃い 全 24 枚 拡大写真

ファーウェイのフラグシップが登場


 3月末にグローバルモデルが発表されたファーウェイの最新フラグシップ端末HUAWEI P20 Pro/HW-01Kも今期のドコモのラインナップに加わった。ドコモではdtabシリーズやポケットWi-Fi以外のスマホでファーウェイの端末を取り扱う機会は2012年発売のAscend HW-01E以来。カラバリはミッドナイトブルーとブラックの2色。

ファーウェイのP20 Pro
ファーウェイのP20 Pro


カラバリは2色
カラバリは2色


 本機はライカとの共同開発によるトリプルカメラと、ハイシリコン社製のKirin 970に組み込まれているAIエンジンのアシストによる高精細・多機能なカメラ周辺のフィーチャーを特徴としている。トリプルカメラはカラーレンズとモノクロレンズを組み合わせた高画質撮影と、光学ズームレンズによる最大3倍の望遠撮影に対応する。独自技術の5倍ハイブリッドズームや画質を保ったままで10倍デジタルズームも可能だ。オートシーン認識機能「Master AI」、AI手ブレ補正など撮影アシストも充実させた。

イヤホン端子が搭載されていない
イヤホン端子が搭載されていない


docomo with端末にはLGと富士通の2モデル


 ドコモによるお得な料金プラン「docomo with」の対象機種となる端末には2つのモデルが用意される。ひとつはLGエレクトロニクス製のLG style/L-03K。ブルー/ブラック/ホワイトの3色展開となる。withシリーズでは最大クラスとなる4GBのメインメモリー、64GBのストレージというハイパフォーマンスを実現。画面サイズも約5.5インチと大型化を図った。防水やおサイフケータイ、ワンセグなど日本市場のニーズに合わせた機能を盛り込む。

docomo withシリーズのLG Style
docomo withシリーズのLG Style


 もうひとつのモデルは富士通のarrows Be/F-04K。ハイエンド端末なみの高性能なカメラ機能を誇り、arrowsならではのタフネス設計や、泡タイプのハンドソープを使って丸洗いができる日常使いでの汎用性の高さを特徴としてうたっている。カラバリはホワイト/ブラック/ピンクの3色。

タフネス仕様が売りのarrowsシリーズ
タフネス仕様が売りのarrowsシリーズ


ハイスペックモデルなみのカメラ機能が特徴
ハイスペックモデルなみのカメラ機能が特徴


dtabも2眼カメラ搭載/パナソニックのビジネス向けタフネススマホ


 ドコモオリジナルのdtabシリーズにはメイン側のカメラをデュアルカメラ仕様としたdtab Compact/d-02Kが発売される。IPX5/IPX7相当の防水設計、IP6X相当の防塵設計が特徴。画面サイズは8インチ。本体は薄く・軽く、持ちやすい。カラバリはシルバーとゴールドの2色。ハーマンカードンの高音質スピーカーを搭載する。

dtabの最新モデル
dtabの最新モデル


デュアルレンズカメラを搭載した
デュアルレンズカメラを搭載した


 パナソニックのスマホが久々にカムバックを果たす。今期のドコモのラインナップに並ぶTOUGHBOOK/P-01Kだ。ビジネスパーソンに人気の同社のノートPCとペットネームを揃えたビジネス向けタフネススマホ。受注販売のみでの展開になるが、ドコモショップなどから一般ユーザーが購入を申し込むこともできる。堅牢性にこだわった本体はMIL規格により1mの高さから1,000回以上お連続落下試験をクリア。1.8mの高さからコンクリート面に落とすことを想定した試験もパスしたという。水濡れや手袋を装着した状態でのタッチ操作も可能。長時間の利用を想定したバッテリー交換も可能だ。

パナソニックのタフネススマホTOUGHBOOK
パナソニックのタフネススマホTOUGHBOOK

  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3

《山本 敦》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース