"天使の歌声"を持つソプラノ歌手・田中彩子が世界バレー開幕戦で両国国歌独唱 | RBB TODAY

"天使の歌声"を持つソプラノ歌手・田中彩子が世界バレー開幕戦で両国国歌独唱

エンタメ その他
(c)TBS
(c)TBS 全 2 枚
拡大写真
 9月29日に開幕する『2018世界バレー女子大会』。TBSは開幕初日の同日から10月4日までに行われる1次ラウンドの日本代表戦全試合および10月7日から11日の2次ラウンドを生中継(よる7時~)する。このほど、9月29日よる7時から放送の開幕戦「日本VSアルゼンチン」で、ソプラノ歌手の田中彩子が両国の国歌を独唱することが決定した。


 田中は昨年、アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスにある南米最高峰コンサートホール「CCK(Central Cultural Kirchner)」で世界初演のソリストを務めたこともあり、君が代に加えて、アルゼンチン国歌も独唱することが決定。今回の決定を受けて、田中は「このたびは2018世界バレーにて、日本・アルゼンチン両国の国歌独唱という貴重な機会をいただき大変光栄に思います」と、喜びのコメント。「このような名誉なお話に驚きを隠せませんが、美しい日本国歌を心から大切に歌わせて頂きます。また、数年前から何度も招聘を受けて、コンサートに出演したことでアルゼンチンとのご縁ができました。今回は昨年度の功績をご評価いただいてベスト初演賞を授与したばかりのタイミングということに加え、今年は日亜国交樹立120周年でもあります。このお話を頂いた際もアルゼンチンでコンサートツアーをしていたところなので、とてもうれしく思っております」と、独唱へのメッセージを語った。

 9月29日の放送では、試合に加えて「天使の歌声」とこともある田中の歌声にも注目だ。 田中が両国国歌を斉唱する『2018世界バレー女子大会』開幕戦は、TBS系で9月29日よる7時から放送。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース