「楽曲はすべて実体験」......青山テルマが語る、作詞を手掛ける歌手ならではの苦労とは? | RBB TODAY

「楽曲はすべて実体験」......青山テルマが語る、作詞を手掛ける歌手ならではの苦労とは?

エンタメ その他
「楽曲はすべて実体験」......青山テルマが語る、作詞を手掛ける歌手ならではの苦労とは?
「楽曲はすべて実体験」......青山テルマが語る、作詞を手掛ける歌手ならではの苦労とは? 全 6 枚
拡大写真
 1月29日深夜0時25分からは、『グータンヌーボ2』(関西テレビ)が放送。歌手の青山テルマが、自身の楽曲の歌詞について赤裸々に語る(※関西ローカル)。


 同番組は、女優の長谷川京子、フリーアナウンサーの田中みな実、モデルの滝沢カレン、 そして昨年末に乃木坂 46 を卒業した女優・西野七瀬の4人がMCを務めるガールズトークバラエティー。

 第3回目となる29日放送では、滝沢が、歌手の青山テルマ、そして親友でお笑い芸人の横澤夏子とともにロケへ出かける。作詞も手がける青山は、歌詞はすべて実体験に基づいていると言い、「“告白する”“振る”“浮気される”のように全部の恋愛の方法をやってみようって決めた1年があって…」と過去の恋愛エピソードを赤裸々告白。横澤も滝沢も驚いた、作詞を手掛ける歌手ならではの苦労とは?

 さらに、話を進めていくうちに作詞とネタ作りの共通点が見つかり、青山と横澤が共感しあう一幕も。また、滝沢からは“どうしても譲れない”という、男性への驚きのこだわりが明かされ、一同は大爆笑。さらに、滝沢から終始ほめまくられた横澤が「なんでこんなに好かれているか分からないんですけど、私をアイドルのように扱ってくださる」と戸惑う場面も。ガールズトークに火が付いた3人は、「地球に感謝している女が嫌い」「花火を撮影する人が嫌い」など、“嫌いなオンナ”の話題で盛り上がる。

 『グータンヌーボ2』(関西テレビ)は、1月29日深夜0時25分から放送(※関西ローカル)。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース