平手友梨奈、『FNS歌謡祭』で魂のダンス!表現力に圧倒「神がかってる」 | RBB TODAY

平手友梨奈、『FNS歌謡祭』で魂のダンス!表現力に圧倒「神がかってる」

エンタメ その他
平手友梨奈【撮影:小宮山あきの】
平手友梨奈【撮影:小宮山あきの】 全 1 枚
/
拡大写真
【Pick UP】
※乃木坂46・堀未央奈、久間田琳加、神部美咲……注目グラビア総まとめ!
※話題のグラビア、写真集はこれだ!
※話題沸騰、熊切あさ美16年ぶり写真集で大胆ショット!
※動画でチェック!はるなのテレワーク環境構築

 平手友梨奈が、26日放送の『2020FNS歌謡祭 夏』(フジテレビ系)に生出演。森山直太朗とコラボを果たし、反響を集めている。


 2008年にリリースされた森山の名曲『生きてることが辛いなら』。平手はステージで、森山の歌唱に合わせてキッズダンサーとパフォーマンス。“命の尊さ”を歌うメッセージソングをイメージしたような、繊細かつ力強い動きを見せた。

 今年1月、欅坂46を脱退した平手。グループ在籍時代を思い起こさせる全身全霊で踊る彼女の熱量に、「神がかってる」「放心状態」「超越してて涙出ちゃった」などと圧倒される視聴者が続出。

 また、そんな平手と息の合ったダンスを見せた芦田愛菜似のキッズダンサーにも、「平手友梨奈と組んだ子役のダンサーもレベル高いのだけど誰かな?」「FNS歌謡祭で平手友梨奈と踊ってるあの小さい女の子誰?」など、大いに注目が集まった。『歌謡祭』の公式Twitterによると、このダンサーの名は「みおしめじ」と記載されている。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース