3時のヒロイン福田麻貴、「憧れていたテレビと違う」SNSからのバッシングに涙 | RBB TODAY

3時のヒロイン福田麻貴、「憧れていたテレビと違う」SNSからのバッシングに涙

エンタメ その他
3時のヒロイン・福田麻貴【撮影:小宮山あきの】
3時のヒロイン・福田麻貴【撮影:小宮山あきの】 全 1 枚
/
拡大写真
 3時のヒロイン・福田麻貴が、4日放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系)に出演。ネットからの誹謗中傷に涙する一幕があった。


 幼い頃からテレビに出て活躍することが夢だったという福田。吉本の養成所NSC卒業後はアイドルグループやお笑いコンビなどを経て現在のトリオに。昨年の『女芸人No.1決定戦 THE W 2019』(同系)で優勝し、ブレイクした。

 だが彼女は未だに「自信がない」のだとか。その一方で「カメラが回ったら自信があるフリをしなければいけない」と自らに言い聞かせて臨むも、それを見たネットユーザーから「あいつ、なんで態度デカいねん」などと叩かれると言及。

 ここで同期のタレントでルームシェアをしている杉山優華が福田について「傷つきやすくて感受性が強い人」と評し、「『もういいや』となったりしないかと心配になった」と話した。すると福田も「なりかけた。今年は実は1回……」と涙を流しながら告白。

 このあとも彼女は泣き腫らしながら、「憧れていたテレビと違う」と述べ、「こんなにテレビに出たかったっけ」と、ふと立ち止まったこともあったと回顧。また、自分の思いとは裏腹に、間違った形でネットニュースに取り上げられたこともあったそうで、「自分じゃない自分が独り歩きしていって、しんどい」ともこぼした。だが「今は(テレビに)出たいと思ってる」と、ようやく前向きになれたと話していた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース