白石麻衣、乃木坂46加入後の知られざる想い明かす「すぐ辞めたかった」 | RBB TODAY

白石麻衣、乃木坂46加入後の知られざる想い明かす「すぐ辞めたかった」

エンタメ その他
白石麻衣【撮影:岸豊】
白石麻衣【撮影:岸豊】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 白石麻衣が、27日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に出演。「乃木坂46」加入後の知られざる想いを明かした。


 占い師・星ひとみの鑑定を受けた白石。その中で、2011年8月21日、19歳の誕生日の翌日に乃木坂の1期生オーディションに合格したことを語った。だが、星から「(その年の)11月に辞めたかったでしょ?」と思わぬ指摘が。すると白石は「辞めたかったです、すぐ」と回答。「乃木坂に入ってすぐだよね?」とさらに追及されると、言い当てられた彼女は「すぐでしたね」と笑った。

 さらに星から「それこそ、“ぶりっ子”できないし、可愛くできないし、『私と世界が違いすぎる』と心を閉ざしています」と、当時の状況について占ってもらうと、白石は「はい、合ってます」と明言。「もともとアイドルになりたくて入ったわけではなかった」と自ら告白し、「慣れない生活と周りについていけなくなった」と回顧。「『辞めよう』と一瞬決心しかけました」と振り返っていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース