仲野太賀、父親“チョロ”のドラマは未視聴「今じゃない」 | RBB TODAY

仲野太賀、父親“チョロ”のドラマは未視聴「今じゃない」

エンタメ その他
仲野太賀【撮影:こじへい】
仲野太賀【撮影:こじへい】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 仲野太賀が、12日放送の『A-Studio+』(TBS系)に出演。父親で俳優の中野英雄について語った。


 中野の代表作の1つとして挙げられるのが、鈴木保奈美主演の大ヒットドラマ『愛という名のもとに』(フジテレビ系、1992年)。劇中で彼が演じる“チョロ”は、会社のトラブルに巻き込まれ、自殺。当時の視聴者に衝撃を与えた。

 そんな役柄に関して笑福亭鶴瓶が「チョロの息子って言われるのがイヤだった?」と質問。すると仲野は「僕自身、チョロが何なのかよく分かっていなかった」と回答。さらには「まだ見てないんですよ、『愛という名のもとに』を」と明かした。

 Kis-My-Ft2藤ヶ谷大輔が「ご自分のタイミングでいつか見ようかなという感じ?」と聞くと、「そうです。タイミングがきたら見ようかなと思って。今じゃないかもしれないと…」と答えた。

 またそんな父親との関係について問われると、「普通に仲がいいのでよくコミュニケーションをとる」と話していた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース