7名中5名が初!『R-1グランプリ2021』審査員に麒麟・川島、マヂラブ・野田ら | RBB TODAY

7名中5名が初!『R-1グランプリ2021』審査員に麒麟・川島、マヂラブ・野田ら

エンタメ その他
(C)関西テレビ
(C)関西テレビ 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 7日19時から放送される『U-NEXT R-1グランプリ2021』(フジテレビ系)の決勝の審査員が発表された。


 決勝の審査員を務めることが発表されたのは、麒麟・川島明、古坂大魔王、陣内智則、友近、ハリウッドザコシショウ、ホリ、マヂカルラブリー 野田クリスタル。さらに、視聴者による投票も実施される。川島(「R-1ぐらんぷり2010」ファイナリスト)、古坂大魔王、ハリウッドザコシショウ(「R-1ぐらんぷり2016」優勝)、ホリ、マヂカルラブリー 野田クリスタル(「R-1ぐらんぷり2020」優勝)は初めての審査員となる。

 参加資格が芸歴10年以内となったことに加えて、審査員も7名中5名が初めてのメンバーという今大会。フレッシュなネタに対して、どんな審査がなされるのかにも注目。川島は、「自分が決勝に出た時は立っているだけで背骨が折れそうなほど緊張した舞台です。今年から新たに生まれ変わるR-1グランプリ、その革命的な回となる今回に審査員として呼んでもらえた責任をしっかり果たしたいと思います」と意気込み。

 昨年優勝を飾った野田は、「話をいただいたときはうれしかったですけど、受けるかどうかめちゃめちゃ悩みました。出る側の気持ちが分かり過ぎちゃうので、プレッシャーで。でも、最近まで『R-1グランプリ』に出ていた審査員もいたほうがよいかなと思い、大会も若返るので腹をくくりました」と審査員決定について心境を語り、「『R-1』はこれまで全大会出てきて、ほかの賞レースにもたくさん出てきましたけど、ついに審査員に、時代がやってきたかと(笑)芸歴10年以内になったので、これまで鳴りをひそめていた若手に、ノビノビとやりたい放題にやってほしいです」と出場者に呼びかけた。

 また、決勝当日に、スペシャル番組『RGのR-1裏生あるある実況』『ファイナリスト全員集合!R-1グランプリ大反省会SP』がU-NEXT独占で無料生配信されることも決まった。『RGのR-1裏生あるある実況』は、浅越ゴエとレイザーラモン RGが、「R-1 グランプリ2021」決勝を観ながら生実況。R-1を知り尽くした2人が“舞台裏あるある”も交えながら、経験者ならではのマニアックな解説を展開する。敗退直後のファイナリストの声をいち早く届ける中継コーナーも実施される。『ファイナリスト全員集合!R-1グランプリ大反省会SP』では、熱戦を終えたばかりのファイナリストが全員集合。見取り図とおいでやすこが(おいでやす小田&こがけん)とともに、新生R-1を振り返る。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース