長谷川博己、キリンビールのCM出演に感慨「やっと“麒麟がくる”んだなって思いました」 | RBB TODAY

長谷川博己、キリンビールのCM出演に感慨「やっと“麒麟がくる”んだなって思いました」

エンタメ その他
長谷川博己【撮影:浜瀬将樹】
長谷川博己【撮影:浜瀬将樹】 全 9 枚
拡大写真
 長谷川博己が23日、品川 THE GRAND HALLにて開催されたキリンビールのクラフトビール新ブランド『スプリングバレー発売記念発表会』に出席。自身の代表作にかけてコマーシャル出演を喜んだ。

トークセッション【撮影:浜瀬将樹】

 原材料に1.5倍(キリンラガービール比)の麦芽と4種類のホップを使用したクラフトビール「SPRING VALLEY 豊潤<496>」が同日に発売。ブランドアンバサダーでコマーシャルに出演する長谷川がイベントに登壇し、ビールの企画開発を監修するマスターブリュワー・田山智広さんとのトークを楽しんだ。

長谷川博己【撮影:浜瀬将樹】

二度注ぎ体験をする長谷川博己【撮影:浜瀬将樹】

 イベント中、本商品のCMキャラクターに選ばれたときの気持ちを訊ねられた長谷川は、自身が今年2月まで主役を務めていたNHK大河ドラマ作品にかけて「ずっと太平の世に『麒麟がくる』のを求めていたので、最終回が終わって、ようやく“(メーカーの)キリンがくるんだな”って思いました」とコメント。会場を笑いに包んだあと「もちろんクラフトビールも大好きだったんですけど、中でも特別感があるので、お話をいただいて嬉しかったです」と本音を述べた。

長谷川博己【撮影:浜瀬将樹】

 本商品が完成するまで構想10年というエピソードから、長谷川の“長い時間かけてきたこと”について質問が及ぶ。長谷川は『神は細部に宿る』という言葉が好きだと明かしつつ「なるべく細かいことにこだわって仕事をしていきたいと思っていたのに、最近怠けてきていたので、手間暇をかけて作った『SPRING VALLEY』のアンバサダーのお仕事をいただいて、身が引き締まります」と語った。

 その後、ビールを美味しく飲める二度注ぎ(グラスの上から缶を注いで2、3センチ泡を作る。その後、ゆっくりとビールを注ぐ)を体験。満足できる仕上がりになったようで「こんなにうまくいくとは思いませんでした。昔のバイト経験が役立ったかもしれません」とニヤリ。「僕の周りの友だちは、お酒を知っている人が多いので、偉そうに二度注ぎを教えたいと思います」と語っていた。

《浜瀬将樹》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース