菅野美穂・高畑充希・尾野真千子が3人の“母親”を熱演!映画『明日の食卓』本予告映像解禁 | RBB TODAY

菅野美穂・高畑充希・尾野真千子が3人の“母親”を熱演!映画『明日の食卓』本予告映像解禁

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2021「明日の食卓」製作委員会
(C)2021「明日の食卓」製作委員会 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 椰月美智子の2016年に出版された同名小説を原作に、子を持つ親なら誰もが直面する問題を映画化した『明日の食卓』が、5月28日より公開される。このほど、本予告映像&本ビジュアルが解禁された。


 同作で主演を務めるのは、『ジーン・ワルツ』(2011年)以来10年ぶりの映画主演となる菅野美穂。フリーライターで2人の息子を育てる留美子役に挑み、やんちゃ盛りの息子たちを育てながら仕事復帰を目指す母親を熱演する。また、シングルマザーで大阪に暮らす加奈役を高畑充希が演じ、若くして母になり、パートの仕事を掛け持ちして働きづめの毎日ながら一人息子の成長だけが生きがいの愛情深く肝のすわった母親像をリアルに体現。そして年下の夫と優等生の息子に囲まれ、一見なに不自由なく幸せを手に入れているように見えるあすみ役を、尾野真千子が演じている。



 解禁された本予告映像では、神奈川県在住の仕事復帰を目指す43歳のフリーライターの石橋留美子(菅野美穂)、大阪府在住の30歳のシングルマザーで息子を愛情深く育てながら懸命に生きる石橋加奈(高畑充希)、静岡県で優しい夫と自慢の優等生の息子に囲まれ幸せそうに暮らす36歳の専業主婦の石橋あすみ(尾野真千子)、同じ「ユウ」という名前の10歳の息子を育てる3人の母親たち三者三様の「石橋家」の平和な日常が描かれていく。

 しかし、突如として「ある日、ひとりのユウ君が母親に殺された」という言葉と共に衝撃の展開が。子育てや家事に非協力的な夫に対し「協力し合おうって思えないの?」と問い詰める留美子の姿や、加奈に対し「僕のことはもう嫌いなんや!」と叫ぶ息子の勇(阿久津慶人)、そして「僕はいい子じゃない!お母さんもいいお母さんじゃない!」と狂気じみた表情で話す、あすみの息子の優(柴崎楓雅)を捉えたカットなど、それぞれのリアルかつ魂を揺さぶられるシーンが映し出されていく。

 さらに、あわせて解禁となった本ビジュアルでは、菅野、高畑、尾野が演じる3人の母親たちがこちらを覗き込むような構図となっており、一見、光に包まれた幸せな雰囲気に見えるものの、真ん中には「息子を殺したのは、私ですか?」という衝撃のコピーが添えられ、懸命に生きる3人の母親たちの三者三様の運命を予感させるビジュアルとなっている。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース