映画『キネマの神様』RADWIMPS feat.菅田将暉の主題歌入り予告映像解禁 | RBB TODAY

映画『キネマの神様』RADWIMPS feat.菅田将暉の主題歌入り予告映像解禁

エンタメ 映画・ドラマ
(c)2021「キネマの神様」製作委員会
(c)2021「キネマの神様」製作委員会 全 4 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 8月6日に公開を迎える映画『キネマの神様』の主題歌入り最新予告映像が解禁された。


 『キネマの神様』は、松竹映画100周年記念作品。監督は日本映画界を代表する山田洋次、原作はこれまで数々の文学賞を受賞してきた人気小説家・原田マハによる同名小説。ダブル主演を務めるのは、故・志村けんさんの遺志を継ぐ沢田研二と俳優・菅田将暉。さらに、女優・宮本信子と若手女優・永野芽郁など、豪華キャスト陣が集結した。

 先日、映画劇中の撮影所で働く盟友として熱い絆を結んだ菅田将暉と野田洋次郎がRADWIMPS feat.菅田将暉として初タッグを組み、同作の主題歌「うたかた歌」を歌唱することが発表。その歌声に注目が集まっていたが、今回、主題歌「うたかた歌」入りの最新予告映像が初解禁。野田が作詞作曲、菅田がゲストボーカルを務め、劇中のゴウとテラシンの役柄と重なり合うように歌詞に合わせて歌い分けされている同楽曲。元々は主題歌と意識して制作された楽曲ではなく、野田が作品への愛情とリスペクトを込めて「監督にこのデモをお渡しください」と贈ったものだったという。

 野田からデモを受け取った映画のプロデューサーが曲に感銘を受け、「過去と現代、現実と虚構、そして天国を繋ぐこの特別な曲を、ゴウとテラシンを演じた菅田さんと野田さんに歌ってもらい、主題歌とすることで映画が完成すると確信した」と、主題歌に決定。最新予告映像では、野田と菅田が歌い上げたメロディーにのせて、かつて恋に胸焦がれたゴウと淑子の過去から夫婦となった現在にかけて築かれていくゴウと淑子の深い愛が映し出されている。

 映画『キネマの神様』は、8月6日全国公開。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース