又吉直樹、『世にも奇妙』初主演!棋士役に挑戦 | RBB TODAY

又吉直樹、『世にも奇妙』初主演!棋士役に挑戦

エンタメ 映画・ドラマ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ 全 2 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 26日21時から放送の『世にも奇妙な物語’21夏の特別編』(フジテレビ系)に、又吉直樹の出演が決定。又吉は、同シリーズ初出演にして、初主演となる。


 『世にも奇妙な物語‘21夏の特別編』では、4つの“奇妙な”エピソードが登場。すでに、上白石萌歌主演『デジャヴ』、加藤シゲアキ主演『三途の川アウトレットパーク』が発表されている。今回、そのうちの1つ『成る』で、又吉の出演が決定した。又吉が演じる主人公の岩屋賢太郎は、有名なプロの棋士。AI棋士を相手としたある日の対局。岩屋がいつものように駒を返すと、見たことのない文字が駒に書かれていた。そしてAI棋士が駒を返すとある女性の名前が現れる。動揺を隠しきれない岩屋。実は昨年、岩屋はその名前の女性と週刊誌に写真を撮られ、妻とは離婚協議中だった。

 今作は、将棋の対局をモチーフとし、1人の人物の人生を振り返った作品。自分が人生をかけてきた将棋。その“駒”に今までの人生が言葉として投影されたら、人はどう思うのだろうか?有名棋士になるまでに登り詰めた主人公だが、そこにたどり着くのは決して楽ではなかったはずだ。それなのに、手をさしのべてくれた人や真摯に将棋と向き合っていた頃のことすらも忘れてしまった。そんな主人公が対局を通じて人生を振り返り、最後に何を思うのか?

 又吉は今作について「台本を読ませていただいて、すごく面白そうな話だなあと思いました」と感想をコメント。自身の役柄については「将棋に詳しいわけではないのですが、いわゆる棋士の姿勢や、厳しい世界だという話は聞いていましたし、長時間集中して闘うということに尊敬の念を抱いているので、そういう役をやらせてもらえるんだとうれしく思いました。どの職業でも集中力というのは求められると思いますし、小説ももちろん集中力は必要なのですが、一人で書く作業なので、孤独ですね。将棋は孤独ではないかもしれないけれど、より長時間の集中力が必要だと思います」と語った。

 実際に演じた感想については、「1人のシーンが多く、また、正座に慣れていないこともあって。ドラマの内容も過酷な闘いでしたけれど、いつ正座の体勢から足を崩そうかという闘いを一人でしていました(笑)」とコメント。視聴者に向けては「どんどん追い込まれていく棋士と、どんどん棋士を追い込んでいく“不惑”という名のAI棋士。えたいの知れない怖さみたいなものに是非注目して見ていただきたいです」と呼びかけた。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース