上白石萌歌、『世にも奇妙な物語’21夏の特別編』に初出演! | RBB TODAY

上白石萌歌、『世にも奇妙な物語’21夏の特別編』に初出演!

エンタメ 映画・ドラマ
上白石萌歌(c)フジテレビ
上白石萌歌(c)フジテレビ 全 3 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 上白石萌歌が6月26日放送の『世にも奇妙な物語’21夏の特別編』(フジテレビ)に初出演で初主演を務めることが決定した。


 上白石は、4つのオムニバスドラマの内の1つ「デジャヴ」に出演。上白石演じる主人公の南野ひかりは、父・正隆(鶴見辰吾)、母・凛子(亜呂奈)と暮らす、ごく普通の大学生なのだが、最近“デジャヴなのか?”と感じる体験をすることが頻繁に起こるようになる。そして自身の誕生日の朝、覆面姿の男性が部屋に忍び込むのを見たひかりは、事件に巻き込まれてしまう。一方、ひかりの父・正隆は脳科学者で大学の同僚・進藤亜紀(玄理)とある研究を行っている。果たしてひかりの身に起こる“デジャヴ”と正隆の研究には何か関係があるのか? そして覆面男の正体とは?

 以前雑誌のインタビューで、『世にも奇妙な物語』に出演することが今後の夢と話していたという上白石は、今回のオファーが来たときは「素直にうれしかった」とコメント。「小学校の頃から家族で見ていましたし、当時学校でも『世にも奇妙な物語』は話題になっていて、放送の後は友達みんなで盛り上がっていたドラマでした」とのこと。

 台本は複雑で難解だったようで「3、4回読んでやっと理解できました。誰がいい人で、誰が悪い人なのかわからない状態の中で必死にもがく役なので、読んでいても疲労感がありましたし、撮影期間が短いということもあり、これをどのように映像化するんだろう? とも感じました」。「毎日毎日汗だくで、声も極限までだして、すごく全身を使って自分のすべてを消耗していくような撮影でした。デジャヴが繰り返されていることは、演じている時点では想像するしかないので、一生懸命想像しながら演じました。とにかくよく走り、よく叫び、肉体的にも精神的にもとてもいい疲労感がありましたので、ひかりが必死にもがき苦しむ姿が、皆さんに伝わればいいなと思って、毎カット全力で取り組みました」と振り返った。

 『世にも奇妙な物語’21夏の特別編』(フジテレビ)は6月26日21時~23時10分放送。

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース