宮脇咲良が卒業コンサート開催!卒業生の兒玉遥と指原莉乃もサプライズ登場 | RBB TODAY

宮脇咲良が卒業コンサート開催!卒業生の兒玉遥と指原莉乃もサプライズ登場

エンタメ 音楽
(C)Mercury
(C)Mercury 全 16 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 HKT48の1期生・宮脇咲良の卒業コンサートが19日、マリンメッセ福岡A館にて開催された。


 福岡県に発令された緊急事態宣言に伴い、来場者は会場収容人数約1万名に対し半数以下の4千名にて行われた今回の公演。1曲目は、HKT48の卒業ソング「桜、みんなで食べた」でスタート。全メンバーが一斉にステージに登場し、宮脇の卒業コンサートの幕が開けた。オープニングの5曲を終えると宮脇は、「始まっちゃったー。この日が来て欲しいような、来て欲しくないような…」という複雑な気持ちを吐露しつつも、「最後まで駆け抜けたい。ありがとうの気持ちを伝えるコンサートにしたい」と意気込み。

 ユニットパートでは、各チームや期ごとに分かれてのパフォーマンス。宮脇が、それぞれのメンバーへの想いを込めてセットリストに組み込んだ曲が続いた。さらに、IZ*ONEとしてともに活動してきた矢吹奈子とは、「夢を見ている間」(IZ*ONE楽曲)を披露。同じく元IZ*ONEメンバーのAKB48・本田仁美からの「永遠の憧れの先輩です」とのVTRメッセージが届くと、これまで笑顔で通してきた宮脇の瞳が潤み、矢吹も涙した。

 親友・村重杏奈とは、「思い出のほとんど」を披露。ユニットパートラストは、同期の1期生との「夕陽を見ているか」。これまで数えきれないほどやってきた円陣を最後に力強く組む7名の姿に、会場からは大きな拍手がおくられた。そして、その後は宮脇のソロ曲もラインナップ。「彼女」「夢でKiss me!」と立て続けにパフォーマンスした。

 終盤では、「大人列車」に兒玉遥、「12秒」に指原莉乃が出演するサプライズも。兒玉は「一緒の時間を過ごせて幸せです」と笑顔を見せ、指原は「咲良と(ステージに)立てるのは嬉しい」と涙ぐみ、それぞれ対照的な表情を見せたが、久しぶりにパフォーマンスを披露した2人に、メンバーも「ヤバい!ヤバい!」と大興奮。その熱気が収まらないまま、全員で「最高かよ」を披露し、本編は終了となった。

 その後、「名前の“さくら”のように咲き誇れるアイドルになりたいです」という初々しい自己紹介で始まった宮脇のアイドル人生10年間を振り返る軌跡映像が流れ、いよいよアンコールへ。ドレス姿になって再登場した宮脇は、「あたながいてくれたから」を披露後、周囲に感謝の気持ちを伝え、クライマックスでは、卒業曲「思い出にするにはまだ早すぎる」、センターに抜擢されたAKB48シングル「君はメロディー」と思い入れの特に強い曲を名残惜しそうに披露。最後は、公演1曲目でもあった「桜、みんなで食べた」で締めくくり、「10年間本当にありがとうございましたー!!」と力強く挨拶。約10年駆け抜けたアイドル人生に幕を閉じた。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース