宮崎美子、歌手デビュー40周年を記念して自身作詞の新曲レコーディング! | RBB TODAY

宮崎美子、歌手デビュー40周年を記念して自身作詞の新曲レコーディング!

エンタメ 音楽
宮崎美子
宮崎美子 全 4 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 今年、歌手デビュー40周年を迎えた宮崎美子が、自ら作詞を手がけた新曲「ビオラ」を、34年ぶりにレコーディングした。


 同楽曲の作曲と編曲は、ハンバートハンバートの佐藤良成が担当。タイトルの「ビオラ」には、花の名前と楽器の名前の2つが込められており、そっと背中を押すような優しい応援歌となっている。

 なお、同楽曲は、9月発売予定の歌手デビュー40周年を記念したベストアルバムに収録予定。宮崎は「レコーディングのお話しをいただいて、ものすごくうれしかったです。『ビオラ』というお題もプロデューサーさんからいただきました。そこにあることでなごませたり、目立たないんだけど必要というビオラの花や楽器のような存在が大切だという想いを歌詞にこめてみました。この歌を聴いた皆さんに、少しでも元気になってもらえたらうれしいです」と語っている。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース