「小さな幸せも素敵だなと思ってほしい」芦田愛菜、映画『岬のマヨイガ』試写会でコメント | RBB TODAY

「小さな幸せも素敵だなと思ってほしい」芦田愛菜、映画『岬のマヨイガ』試写会でコメント

エンタメ 映画・ドラマ
(C)「岬のマヨイガ」製作委員会
(C)「岬のマヨイガ」製作委員会 全 3 枚
拡大写真
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 長編アニメーション映画『岬のマヨイガ』が8月27日に公開となる。このほど、同作の完成披露試写会が実施され、主演の芦田愛菜、大竹しのぶ、粟野咲莉、川面真也監督が登壇した。


 原作は、『千と千尋の神隠し』に影響を与えた小説『霧のむこうのふしぎな町』など、長年にわたり愛され続けるベストセラーを世に送り出した柏葉幸子による同名小説。居るべき場所を見失った17歳の少女と声を失った8歳の女の子がたどりついたのは、懐かしくて少し不思議な伝説の家「マヨイガ」。そこでおりなす血のつながりがない新しい家族たちとの、不思議だが温かい共同生活が紡がれている。

 完成披露試写会では、司会から芦田と大竹に対して、お互いの印象や仕事に対する姿勢で印象的な事がありましたかという質問がされると、大竹は「仕事に対する姿勢もまだ分からないような小さい時に、メイク室で色んな方と楽しそうにキャッキャしていた愛菜ちゃんがこんなに立派になってびっくりしました(笑)」とコメント。それを聞いた芦田は「覚えていて下さって嬉しいです(笑)大竹さんはバラエティでお見かけする時と、お芝居している時と全く雰囲気が違っていて、すごく素敵だなと思いますし、私もそんな女優さんになりたいですし、今度はお芝居の現場でご一緒出来ればと思います!」と笑顔で語った。

 映画の注目ポイントについて芦田は「私はご飯を食べるシーンがすごく印象的で、ユイとひよりとキワさんがご飯を食べるシーンで、ユイがずっと“美味しい、美味しい”って言ってるんですね。ご飯ももちろん美味しいんだと思うんですけど、それ以上に誰かと一緒に会話しながら食べるご飯が美味しいってことなのかなって感じました。他にも縁側で味噌おにぎりを食べるシーンがあるんですけど、そこも下らない話で笑いあいながらすごく温かい空気に包まれていて、正にこういうのが小さな幸せだし素敵な生活だなと思ったので、食事のシーンは是非注目して頂きたいです」と食事シーンについてコメント。

 一方、大竹は「本当に景色がどのカットも素晴らしくて、監督さんに聞いたら岩手でロケハンして描いたということも聞いて、私も岩手に行きたいなと思いました。あと『ふしぎっと』と呼ばれる河童とか色んなキャラクターが出てくるんですけど、私はそこのシーンが大好きで、目には見えないけどいるって信じられるシーンになっているので、是非楽しんでください」と話した。

 ここでサンドウィッチマンの2人が声優として同作に参加していることが発表され、豊沢川の河童役の伊達みきお、北上川の河童役の富澤たけしからビデオメッセージが届いた。2人からのコメント聞いた芦田は「私のアフレコよりも先に録られていたので、お2人の声を聞きながらアフレコをしたんですけど、すごくお2人の河童が可愛くて、アドリブも面白くて(笑)台詞を忘れちゃいそうになりました(笑)というお話しをさせて頂きました」と笑いながらコメントした。

 最後に、監督は「内容的に重たいものも抱えている作品なんです。現実も難しいことが色々あるんですが、映画としては観終わった後に少しでも遠くに目線が行くような、ちょっと遠くを見れるような気持になれるといいなと思って作りました。楽しんで頂けますと幸いです」と映画に込めた想いを語り、イベントは終了した。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース