百音の実家近くで竜巻が!?……『おかえりモネ』91回 | RBB TODAY

百音の実家近くで竜巻が!?……『おかえりモネ』91回

エンタメ 映画・ドラマ
『おかえりモネ』91回 (c)NHK
『おかえりモネ』91回 (c)NHK 全 4 枚
拡大写真
 台風の影響で番場川が氾濫し、多くの家が浸水した。気象予報士の朝岡(西島秀俊)は百音(清原果耶)に手伝てもらい、情報をライブ配信していた。

 自分たちの仕事で何人が災害にあわずに済んだのか……百音のつぶやきに朝岡は「誰かを助けたいという気持ちは持っていてもいい。でも、助けることに成果を求めてはダメですよ」と忠告する。百音は「私は成果を求めているのかもしれません。目の前にいる人たちが笑顔になるが見たい」「自分が役にな立ったと思いたい」「結局、あなたのおかげで助かりましたって言われたけなんだと思います」と話す。

 百音は気象チームに加わったとき、幼馴染みたいな自分の大切な人たちを守りたいと話していた。当時から変わっていない百音を見て、朝岡はそれが「あなたのやりたいこと」だと指摘する。そして「これからは人の顔が見える距離感で仕事することが、より求められるよにあると思います」と助言する。



 しだいに百音と気象との関わり方が明確になってくる回だった。

 番組の最後、パソコンの画面に竜巻の情報が。発生場所は、新しくできた亀島大橋のすぐ近く、百音の実家のそばだった。

 20日(月)から放送のサブタイトルは「島へ」。91回、気仙沼の永浦家は突風の被害を受けていたが、亜哉子(鈴木京香)は、心配で電話を掛けてきた百音(清原果耶)に家族の無事を伝える。その日の夕方、登米から東京に菅波(坂口健太郎)がやって来る。誕生日を迎える百音に会いに来たのだ。2人が話していると、明日美(恒松祐里)から電話が入る。「龍己(藤竜也)のカキ棚が突風で、大きな被害を受けている」との知らせだった。それを聞いた百音は…。

《RBB TODAY》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース