百音、菅波と大事な事柄について話し合い……『おかえりモネ』106回あらすじ | RBB TODAY

百音、菅波と大事な事柄について話し合い……『おかえりモネ』106回あらすじ

エンタメ 映画・ドラマ
『おかえりモネ』106回 (c)NHK
『おかえりモネ』106回 (c)NHK 全 2 枚
拡大写真
 連続テレビ小説『おかえりモネ』22週のサブタイトルは「嵐の気仙沼」だ。

 11日の放送では、新次(浅野忠信)と亮(永瀬廉)が永浦家にやって来る。七回忌を迎えた雅代(竹下景子)に線香をあげにきてくれたのだ。その後、亮は、耕治(内野聖陽)に船の購入の資金繰りについて相談をする。耕治から「頭金をもう少し用意した方がいい」と言われた亮は、滋郎(菅原大吉)や漁労長(平野貴大)たちに相談をする。一方、百音(清原果耶)は、菅波(坂口健太郎)と電話で、大事な事柄について話し合っていた。

《RBB TODAY》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース