松本人志、都道府県魅力度ランキングへの群馬県知事の怒りに共感 | RBB TODAY

松本人志、都道府県魅力度ランキングへの群馬県知事の怒りに共感

エンタメ その他
松本人志 (Photo by Sports Nippon/Getty Images)
松本人志 (Photo by Sports Nippon/Getty Images) 全 1 枚
/
拡大写真
 ダウンタウンの松本人志が17日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演し、9日発表された今年の「都道府県魅力度ランキング」についてコメントした。

 同ランキングを巡っては、群馬県の順位が昨年の40位から44位に後退したことについて、同県の山本一太知事が会見で「なぜ群馬県の順位が下がったのか、その理由は判然としていない。法的な措置も検討したい」「本県に魅力がないという誤った認識が広がることは、県民の誇りを低下させるのみならず、経済的な損失にもつながる」と怒りを表明していた。

 松本はこれについて「山本さんが怒っていらっしゃるのは理解できる。たとえば好きな芸人誰ですかとか好きな役者さん誰ですかとかは、あまたいるわけだからやってもいいと思うが、都道府県は47しかない中でこのアンケートをやられて、全部47位まで出されたら、『魅力のない街ランキング』でもあるわけで、ちょっと気分悪いでしょう」と指摘した。

 さらに松本は「ましてやコロナで今、観光業がしんどかったり飲食がしんどい中で、この足の引っ張られ方はきつい。ベスト10でいいと思う」と述べ、発表するのは上位10都道府県に限るべきだとした。

《角谷》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース