ベッキー、バラエティ番組からの卒業考えていた…フワちゃんが救世主! | RBB TODAY

ベッキー、バラエティ番組からの卒業考えていた…フワちゃんが救世主!

エンタメ その他
ベッキー【撮影:竹内みちまろ】
ベッキー【撮影:竹内みちまろ】 全 2 枚
拡大写真
【PICK UP】

 ベッキーが、2日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。バラエティ番組からの卒業を考えていた過去を明かした。

 この日は親友のフワちゃんがVTRで登場。「(ベッキーの)家に呼んでもらうぐらい仲が良い」という彼女は、日々の活躍に対してベッキーが「もう私なんてバラエティの笑い方忘れちゃったわ」と自虐を吐いてくると証言。

 そんな愚痴に対してフワちゃんは常に「(ベッキーのことを)若槻千夏も褒めてましたよ」と言ってテンションをあげてもらうのだとか。そして最後に、ベッキーに向けて「これ以上、自虐をしないでください。メンタルを強く持って、自分のことは自分で褒めてあげる。分かった?」とメッセージしていた。

 このコメントVTRにベッキーは「フワちゃん、元気くれるんですよ」と感謝。さらに「去年は『バラエティを卒業しようかな』ぐらいまで落ち込んでいた」とも告白した。

 そんなとき、フワちゃんが「ベッキーに憧れていた」、さらに卒業アルバムに「ベッキーみたいな司会者になりたい」と書いていたことをテレビ番組で語っているのを目撃したベッキーは、その動画を携帯で撮り、「元気がないときに何回も見る」とも話した。

 浜田雅功から「1回辞めようと思ってたんやな」と聞かれると、ベッキーは「そうですね」と返答。産後復帰して久々にバラエティに出た際、ツッコミのつもりで言っていた発言をオンエアで見返すと「ただのうるさいおばちゃんみたいに映っていた」ことも卒業を考える要因の一つに挙げていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース