森川葵、初登場の『全力!脱力タイムズ』初登場も反省「10点ぐらい......」 | RBB TODAY

森川葵、初登場の『全力!脱力タイムズ』初登場も反省「10点ぐらい......」

エンタメ その他
森川葵(C)フジテレビ
森川葵(C)フジテレビ 全 5 枚
拡大写真
※抽選でAmazonギフト券をプレゼント!「ケーブル・アワード2022」投票受付中!【PR】

 13日23時からは、『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)が放送。女優・森川葵と、お笑い芸人の長谷川雅紀(錦鯉)が出演。ともに番組初登場となる2人が、ゲストコメンテーターを務める。

 オープニングでは、昨年末に錦鯉が悲願の優勝を果たした『M-1グランプリ2021』の話題に。錦鯉の漫才を見てファンになったという森川や解説員の岸博幸、齋藤孝が、口をそろえて「今日は長谷川さんと会えるのを楽しみにしていました」と興奮気味に語る中、特に長谷川の「こーんにちはー!」というあいさつギャグがお気に入りだという森川は、日頃から友達同士でよくマネしていることを明かす。すると、MCのアリタ哲平に勧められ、森川が「こーんにちはー!」を実演することに。大喜びの長谷川だったが、なぜか予想とは違う展開となり、すっかり意気消沈?!

 特集のテーマは「今だからこそ知ってほしい!演劇の魅力」。近年、さまざまな業界がコロナ禍で大打撃を受けているが、演劇界もそのひとつ。あ今回は、舞台でも活躍する森川が、演劇の魅力を改めて徹底解説。感染対策も万全という全国の劇場に、今こそ多くの観客を呼び戻すべく、森川オススメの「演劇の魅力5選」や「注目の小劇場俳優」などが紹介される。スタジオには、演劇の定義や歴史が書き込まれたボードが登場し、アリタの進行のもと、演劇の魅力を掘り下げていくことになるが.....。

 今回、番組初登場となる森川は「とっても楽しかったんですが、“ニュース番組のコメンテーター”としては、全然ダメだったと思います。自分の中では、(100点満点で)10点ぐらいの出来だったかなと(笑)とにかく、笑いをこらえられなかったんですよ。特に長谷川さんがもう、面白すぎて。目が合う瞬間が何度もあったんですけど、そのたびに長谷川さんの目が“助けて...”って訴えてるんです(笑)そのあまりにもピュアなまなざしに、胸が痛くなるのと同時に、笑いが込み上げてきてしまって(笑)」とコメント。

 他に苦労した点については「やっぱり、セリフ量の多さですね。完成した台本をいただいたのが割と直前だったということもあって、セリフを覚えるのはけっこう大変でした。ただ、本番では台本通りに行かない部分も多くて。有田さんから“ねえ、森川さん?”って突然振られたりして(笑)、予期していない展開に、臨機応変に対応していくのも難しかったです」と語った。初共演の長谷川については「いつもテレビで拝見しているのと何ひとつ印象は変わらなかったですね。私の中では、純粋で、何の色にも染まっていない...みたいなイメージがあったんですが、実際にお会いしてみると、まさにその通りの方でした(笑)」と印象を述べた。

 最後に番組の見どころについては「やっぱり一番の見どころは、長谷川さんのまなざしですね(笑)見ていると吸い込まれていくような純粋すぎる瞳に、みなさんもきっと、いつの間にか虜になってしまうと思います(笑)」と語り、自身の注目ポイントについては「う~ん、頑張って笑いをこらえようとしてるのに全くこらえられてない、というところでしょうか(笑)やっぱり人間って、“笑っちゃいけない”って思えば思うほど、笑ってしまうものなんだなって。今回はそれを痛感しました(笑)」としている。




《KT》

特集

【注目記事】
【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

関連ニュース