『アッコにおまかせ!』35年で2回目の無観客放送、和田アキ子「どうしていいか分からない」 | RBB TODAY

『アッコにおまかせ!』35年で2回目の無観客放送、和田アキ子「どうしていいか分からない」

エンタメ その他
和田アキ子 (C)Getty Images
和田アキ子 (C)Getty Images 全 1 枚
/
拡大写真
 3月1日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)が新型コロナウイルスの感染対策の一環として無観客で行われ、和田アキ子が戸惑いの言葉を口にする一幕があった。


 番組35年の歴史の中で、2011年の東日本大震災以来、2度目の無観客放送。スタジオ中央口からいつものように現れた和田は、「どうもこんにちは! いつもご覧になっていただいて、ありがとうございます」と挨拶。

 続けて「普段は出てくると客席に向かって『ようこそ、おいでくださいました。今日も元気に生放送!アッコにおまかせ!なんですけど、今日はお客様、どなたもいらっしゃらない」とポツリ。

 さらに和田は、誰もいない客席を見つめながら、「こうやって、生放送でオーブニングやると、どうしていいか分からない」と戸惑うひとコマも。「(今回の感染騒動は)大変な大きな問題」としながら「頑張ってお送りしたいと思います」と抱負を述べていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース