波瑠、朝ドラオーディション秘話 安藤サクラを目の当たりにして「もう無理」 | RBB TODAY

波瑠、朝ドラオーディション秘話 安藤サクラを目の当たりにして「もう無理」

エンタメ その他
波瑠【撮影:小宮山あきの】
波瑠【撮影:小宮山あきの】 全 2 枚
拡大写真
 波瑠が、5日放送の『A-Studio+』(TBS系)に出演。朝の連続テレビ小説『あさが来た』(2015年度下半期)のオーディションで、安藤サクラとヒロインの座を争っていた秘話を明かした。


 この日の企画は、番組の歴代アシスタント同窓会。笑福亭鶴瓶を横で支えた女性タレントが集結した。その中で2013年4月から1年間、5代目として出ていたのが波瑠。アシスタントとしての出演時、最も印象に残っているのが安藤サクラのゲスト回だと語った。

 その時のオンエアがプレイバックされたあと感想を求められた波瑠は、「朝ドラのオーディションでサクラさんが受けてて、『あっ、このオーディションはもう無理だと思いましたもん』と回顧。『あさが来た』のヒロインを争っていたことが分かると、鶴瓶も「あの時(安藤も)受けてたん?」と驚き。その3年後、安藤は『まんぷく』(2018年度下半期)でヒロインの座を射止めることになる。

 4月から鶴瓶とダブルMCを務めるKis-My-Ft2藤ヶ谷太輔から何かアドバイスを欲しいと求められると、波瑠は「鶴瓶さんは間違えてはいけないところを微妙に間違える」と暴露し、それを「きちんと正していって」と訴えた。また昨年の主演ドラマ『G線上のあなたと私』(同系)の番宣でゲストとして来た際も、鶴瓶は「Gの線上の……」など、大事な箇所で惜しい間違え方をすると指摘していた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース