神尾楓珠、“少年犯罪裁判”再現ドラマで熱演 | RBB TODAY

神尾楓珠、“少年犯罪裁判”再現ドラマで熱演

エンタメ その他
再現ドラマに出演する神尾楓珠(C)フジテレビ
再現ドラマに出演する神尾楓珠(C)フジテレビ 全 5 枚
拡大写真
 6日20時からは、『実録スクープ!その時、裁判官は言った』(フジテレビ系)が放送される。


 芸能人の裁判でもたびたび話題になる裁判官の“説諭”。裁判官が被告人の更生を願い、人として投げかける言葉には、知られざる人間ドラマがある。番組では、裁判官が”どんな思いで、なぜその言葉を被告人に投げかけたのか?”などを、ドラマ形式で再現していく。

 今回は、3つの裁判をピックアップ。まず、世間に衝撃を与えた少年犯罪の裁判では、これまでどのメディアでも報じられていない裁判官と少年のドラマが再現される。番組は、実際の裁判官にインタビュー、そして、少年との接触にも成功。再現ドラマの主演・少年役は、若手俳優・神尾楓珠が熱演する。

 さらに、1999年に発生した日本で唯一のハイジャック致死事件、外資系証券会社元社員の脱税事件も完全再現する。ほか、加藤浩次とゆきぽよは裁判官たちの素顔を探るべく、東京地方裁判所へ潜入。バラエティー番組として、史上初めて、刑事事件を扱う裁判官たちが働いている執務室にカメラが入り、現役の裁判長に話を聞くことになる。

 加藤は裁判官の印象について「実際に東京地方裁判所に行かせてもらって、イメージが大きく変わりましたね。一般の人と同じ感覚を持った方が裁判官、裁判長をやっているんだというのも分かりましたし、“世の中を良くするんだ”という本当に純粋な気持ちを持って裁判官になった方が多いんだなと分かりました」とコメント。

 番組テーマ“説諭”にちなんで加藤自身の思い出に残っている“説諭”については、「『めちゃイケ』の総監督だった片岡飛鳥さんに言われた“遊びじゃねえんだよ”って言葉は一生忘れられませんね。芸人になって3、4年の頃でしたけど、番組が楽しすぎて遊びみたいな感じになっちゃってたんです。でもこの言葉で、バラエティーの現場は遊びじゃないんだと、みんな仕事で一生懸命笑いを提供しているんだというのが分かりましたね」などと語っている。

 『実録スクープ!その時、裁判官は言った』(フジテレビ系)は、6日20時から放送。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース