メカニカルキーボード、12ポートUSBハブ…ガジェット好きの厳選アイテムを集めた在宅勤務デスク | RBB TODAY

メカニカルキーボード、12ポートUSBハブ…ガジェット好きの厳選アイテムを集めた在宅勤務デスク

IT・デジタル ネタ
メカニカルキーボード、12ポートUSBハブ…ガジェット好きの厳選アイテムを集めた在宅勤務デスク
メカニカルキーボード、12ポートUSBハブ…ガジェット好きの厳選アイテムを集めた在宅勤務デスク 全 1 枚
/
拡大写真
 ガジェットやカメラのレビュー動画のほか、コーヒーの自家焙煎などのライフスタイル系の動画も公開するYouTuberのやまかふぇさん。2020年の上半期時点のデスクツアーとして、在宅勤務のデスク環境を紹介している。



 2019モデルのMacBook Pro16は、仕事用とプライベート用の2台体制。プライベート用はカスタマイズを行い、動画編集などのパワーを必要とする作業も問題なくこなせるスペックにしているとのこと。そのMacBookには、クラウドファンディングのKickstarterで入手した12ポートのUSBハブを接続。しっかりと重さのある据え置き型で、USB PD 100Wを備えている点が気に入っていると魅力を語る。

 マウスはLogicoolのMX MASTER 2Sを使用。大きさがちょうどよく、動画編集時も便利に使えているとのこと。さらに、AppleのMagic Trackpad2も併用し、こちらは写真の拡大などには必需品だと話す。また、キーボードはコンパクトメカニカルキーボードの「KeychronK2」の赤軸を愛用。ファンクションキーやカーソルキーを省略していない点や、大きさがちょうど良い点が気に入っているとのことだ。


 動画内で紹介されているアイテムの中でもとくに気になるキーボード「KeychronK2」について、より詳しいこだわりポイントなどを聞いてみた。

――この製品には赤軸、青軸、茶軸があるようですが、赤軸を選んだ理由は?
「たまたま別のキーボードの商品レビューを行った時に初めて体験して、タッチ感とサウンドが気に入って、それ以来赤軸を愛用しています」

――動画で紹介されている以外に、このキーボードの魅力があれば教えてください。
「有線・無線の両対応であることや、打鍵音と打鍵感、日本円で1万円前後と価格が安いことなどです。また、ツートングレーとアクセントのオレンジのキーキャップの見た目も気に入っています」

――キーボード関連の動画を多数アップされていますが、他にお気に入りのキーボードは?
「AppleのMagic Keyboardや、クラウドファンディングで購入した「Vinpok TapTek」などを愛用してきました。また現在は、動画で紹介しているキーボードと同じKeychron社の「KeychronK8」というキーボードも使っています。KeychronK2の難点だった右側シフトキーが短い点が解消されており、こちらも良い商品です」

《酒井麻里子》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース