中村倫也、“若手イケメン枠”から外れた暗黒時代…救ったのはムロツヨシ | RBB TODAY

中村倫也、“若手イケメン枠”から外れた暗黒時代…救ったのはムロツヨシ

エンタメ その他
中村倫也【写真:竹内みちまろ】
中村倫也【写真:竹内みちまろ】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】※これが、できるYouTuber・クリエイターのデスク環境だ※絶対欲しい!IKEAで見つけた昇降デスク!※今週のエンジニア女子

 中村倫也が、23日放送の『A-Studio+』(TBS系)に出演。知られざる暗黒時代について語った。


 笑福亭鶴瓶から「自分の思うリズムで芸能界は進んでいる?」と聞かれた中村は「いやいや進んでないです」と否定。「つらいなという時期は?」という質問にも「ありました」と即答し、「18(歳)で始めて20から25ぐらいまでは、暗黒期みたいな。すさみまくっていた」と振り返った。

 デビュー当初、演劇をやりたいという夢を持っていた中村。だが一方で「チヤホヤされたい」とも思っていたそう。しかもその頃はイケメン俳優ブームで、その登竜門となるようなドラマも多数。だが彼は「どれにも出られず、だんだん『売れるとかじゃねぇし!』みたいになっていた」と明かした。

 この後、演出家・蜷川幸雄さんに鍛えられた話などをしていた中村だったが、後半、「あの人の名前をあまり出したくないんですけど、ムロツヨシさんの力がデカい」と笑った。

 知り合ったのはお互い無名の時期だったが、ムロは中村の暗黒期をずっと見ていたという。そして24~25歳のとき、飲みに誘われた中村は「斜に構えた、腐ったことばかり言っていた」のだとか。するとムロが飲んでいたグラスを置き「お前は何がしたくて、何になりたくて、そのためにいま、何ができるの?」と問い詰めてきたのだとか。

 デビューした頃は「こういうふうになりたい」という夢もあったという中村だったが、「(ムロの問いかけに)言い返せない自分が悔しくて、その日すごいケンカをした」と回顧。

 だが帰宅後、「答えられるようにならないと」と決心。「面白い役者になりたいが、そのためには逃げずに売れることも考えなきゃいけない」と、ムロを再び呼び出し、「頑張るわ」と宣言。「それを経てだんだん暗黒期から抜けていった」と振り返っていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース