オダギリジョーら、朝ドラ初出演決定!2021年後期『カムカムエヴリバディ』 | RBB TODAY

オダギリジョーら、朝ドラ初出演決定!2021年後期『カムカムエヴリバディ』

エンタメ 映画・ドラマ
大月錠一郎役 オダギリジョー
大月錠一郎役 オダギリジョー 全 8 枚
拡大写真
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュース

 2021年後期放送のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』にオダギリジョーの出演が決定した。オダギリが連続テレビ小説に出演するのは今回が初。

 同作は、ラジオ英語講座と共に歩んだ三人のヒロインが紡ぐ100年のファミリーストーリー。初代ヒロイン・安子(上白石萌音)の娘として生まれた、二代目ヒロイン・るい(深津絵里)の物語は、昭和37年の大阪からスタート。“自分らしく自由に生きていきたい”と願い、岡山を飛び出したるいは、ジャズに出会い、個性あふれる面々との出会いの中で新しい物語がスタートする。

【グルメ PICK UP】
※都内の超人気カレーパンを食べ比べ! 冷めても美味しい絶品カレーパンを発見!※「高級生食パン」を食べ比べ! 満場一致であのブランドが1位に…!※一足早い初夏の絶品ケーキ!コストコの「マンゴームーススコップケーキ」

 オダギリはそんな二代目ヒロイン・るいを取り巻く大阪篇のキャストの1人として出演。演じるのは謎の男・大月錠一郎(通称:ジョー)。るいが働くクリーニング店に客として訪れる人物で、つかみどころのない言動や行動でるいを戸惑わせる。やがて、錠一郎との出会いが、るいの運命を動かしていく。

 出演にオダギリは「『脚本家の先生が、ぜひオダギリさんに演じてもらいたいと言っています』生意気ながら、僕もたまに脚本を書いたりしますが、希望する俳優の方に引き受けてもらえると、この上なく嬉しいですし、逆に断られたりすると、絶望のふちに立たされる気分になります(苦笑)。役者冥利に尽きる言葉を頂いたからには、期待以上のお返しができるよう、全力を尽くすつもりです」と意気込みをコメントしている。

 オダギリの他にも、ジャズ喫茶に通う女子大生・ベリー(通称)を市川実日子、ミュージシャンのトミー(通称)を早乙女太一、るいが働くクリーニング店の店主・竹村平助を村田雄浩、竹村平助の妻・竹村和子を濱田マリ、ジャズ喫茶の支配人兼バーテンダー・木暮洋輔を近藤芳正、竹村クリーニング店の近所にある映画館の館主・西山太を笑福亭笑瓶が演じることも合わせて発表された。

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース