映画『ゴーストバスターズ』続編が今年公開!最新予告編で懐かしいガジェットが | RBB TODAY

映画『ゴーストバスターズ』続編が今年公開!最新予告編で懐かしいガジェットが

エンタメ 映画・ドラマ
映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』
映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 本年公開予定の映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』で懐かしのガジェットが数多く登場する最新の予告編が公開された。


 1984年に公開され、その年の全米年間興行収入No.1、日本でも年間配給収入No.1(1985年)に輝くなど、歴史的大ヒットを記録した映画『ゴーストバスターズ』。さらに1989年には続編となる『ゴーストバスターズ2』が公開。80年代カルチャーをけん引する作品となった。今作はその正統続編。



 とある田舎町に、突如ゴースト達が出現。奴らは30年前、あのゴーストバスターズによってNYで封印されたはずだった...。 世界の終焉を予感させるかのように、街中に溢れかえるゴースト達。そんな中、少女フィービーは兄とともに納屋で発見したECTO-1と書かれたキャデラックに乗り込み、ゴースト達に立ち向かっていく。 断層がないにも関わらず、30年間原因不明の地震が続くこの田舎町で、なぜゴースト達は突如封印を解かれたのか?あの後ゴーストバスターズに何があったのか?フィービーとゴーストバスターズを結ぶものとは?

 予告編のラスト、フィービーはかつてのゴーストバスターズの連絡先を突き止めるが、その電話に出た声の主とは?今回解禁された予告編では、No Ghostマークが描かれた「ECTO-1(エクトワン)」が30年前の姿で疾走。さらにフィービーが祖父の屋敷の床下から見つけるゴーストトラップや、謎の人物が手に握る、霊気を感知するためのPKEメーター、フィービーが背負うゴースト捕獲装置・プロトンパックなど、お馴染みのガジェットが続々と登場する。また、マシュマロマンが小さくなって大量発生するなど、今作ならではの新たな要素もたっぷりと描かれる。そして過去二作でゴーストバスターズ社の受付嬢をしていたアニー・ポッツ演じるジャニーンが登場し、フィービーの祖父について感慨深く語るシーンも確認できる。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース