乃木坂46・高山一実がアイドルに終止符!「真夏の全国ツアー2021 FINAL!」開催 | RBB TODAY

乃木坂46・高山一実がアイドルに終止符!「真夏の全国ツアー2021 FINAL!」開催

エンタメ 音楽
乃木坂46・高山一実がアイドルに終止符!「真夏の全国ツアー2021 FINAL!」開催
乃木坂46・高山一実がアイドルに終止符!「真夏の全国ツアー2021 FINAL!」開催 全 15 枚
拡大写真
 乃木坂46が「真夏の全国ツアー2021 FINAL!」を東京ドームにて開催した。

 当初は9月8日~9日にツアー・ファイナルとして東京ドーム公演を行なう予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として延期となっていた。

 今回の「真夏の全国ツアー2021」は、表題曲、アンダー曲、ユニット&ソロ曲、 C/W曲と4つのカテゴリーに分け、事前にファンからのリクエスト投票を実施。それぞれ上位TOP10に入った楽曲を中心にセットリストが作られた。

 オープニングを飾ったのは遠藤さくら(4期生)で今年リリースした乃木坂46のシングルの中で最も売れた楽曲「ごめんねFingers crossed」からスタート。序盤は表題曲で構成され、冒頭からライブに勢いをつけた。その後中盤では、ファンの人気投票で上位に入ったユニット曲・アンダー曲・C/W曲を立て続けに披露。そして終盤では、小室哲哉が作曲に携わり話題を呼んだ「Route 246」からスタート。「インフルエンサー」「ガールズルール」そして最新シングル「君に叱られた」まで、乃木坂46の代表曲が並び、本編ラストはグループ10周年記念曲として最新シングル「君に叱られた」C/W曲「他人のそら似」で締めくくられた。

 アンコール1曲目は、最新シングル「君に叱られた」C/W曲で、かずみんこと高山一実のソロ曲「私の色」が初披露。そして最後の楽曲は、高山一実が初めてセンターを務めた楽曲「泣いたっていいじゃないか?」で東京ドーム公演が終了。高山一実は10年間のアイドル活動に終止符を打った。これまでバラエティーに小説にとマルチに活躍してきたが、今後もタレントとして活動していく。

 なお、昨日の初日公演では、2022年5月14日(土)~15日(日)に、日本最大級となる日産スタジアムで「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」が開催される事もサプライズ発表されたばかり。

《RBB TODAY》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース