農業IT化の市場規模、2020年に9倍…クラウドは28倍 2ページ目 | RBB TODAY

農業IT化の市場規模、2020年に9倍…クラウドは28倍

 農業IT化の市場規模は、2020年に580億~600億円と予測、2013年比約9倍の成長。なかでも農業クラウドサービスが大きく進展。2013年比約28倍の伸びとなり、農業IT化市場の75%を占める---。

エンタープライズ その他
農業IT化市場規模予測(単位:億円)
農業IT化市場規模予測(単位:億円) 全 1 枚 拡大写真
 シード・プランニングは、農業IT化の市場規模は、2020年に580億~600億円と予測する。いっぽう2013年の市場規模は66億円と推定され、2013年比約9倍の成長となる。その中でも農業クラウドサービスが大きく進展し、2013年比約28倍の伸びとなり、農業IT化市場の75%を占める。

●GPSガイダンス…GPSを用いた農業機械の自動操舵。

 2012年度の農業用GPSガイダンスシステム等の出荷台数は910台、自動操舵システムは140台で計1050台。今後、農耕地の大規模集約化が進展(農地集積基盤整備事業)するとともに、準天頂衛星などインフラの整備で実証試験段階から実需に進む。GPSガイダンス市場は2020年で15億円前後と予測する。

●センサ・ネットワーク/環境制御装置…センサ技術を用いて圃場・栽培施設の温度や湿度、養分、土壌などの情報を取得し、生育に最適な環境を自動制御し、栽培の自動化を図る。

 現在、環境制御向けセンサ・ネットワークの導入可能な国内の施設数(潜在ニーズ)は、およそ7000~8000施設。環境制御・センサ・ネットワークは2007~08年頃から市場に投入され、2010~12年で先進的取組の農業事業者に導入され、ようやく市場で認知され活用されている。累計市場規模は、2012年で10億~11億円規模(単年では3億~3億5000万円規模)にとどまっている。2015年には4~5倍の成長が見込め、10億~12億円規模、2020 年には現在比10倍の35億円前後に拡大する。

  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 続きを読む

《高木啓》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース

アクセスランキング

  1. 田中みな実、ランジェリー姿で色気全開!初出しのセクシーカット公開

    田中みな実、ランジェリー姿で色気全開!初出しのセクシーカット公開

  2. 沢尻エリカ容疑者逮捕で来年の大河『麒麟がくる』暗雲……デーブ・スペクター「無責任すぎる」

    沢尻エリカ容疑者逮捕で来年の大河『麒麟がくる』暗雲……デーブ・スペクター「無責任すぎる」

  3. Niki、2年ぶりの写真集で大胆露出!まぶしすぎるボディに注目集まる

    Niki、2年ぶりの写真集で大胆露出!まぶしすぎるボディに注目集まる

  4. 田中みな実の写真集タイトルが決定!色気放つ表紙カットも公開に

    田中みな実の写真集タイトルが決定!色気放つ表紙カットも公開に

  5. Niki、胸元を大胆露出!写真集の表紙カット公開

    Niki、胸元を大胆露出!写真集の表紙カット公開

ランキングをもっと見る