新型MacBook Proを旧型と徹底比較!新機能Touch Bar、間引かれた“端子問題”をレビュー 4ページ目 | RBB TODAY

新型MacBook Proを旧型と徹底比較!新機能Touch Bar、間引かれた“端子問題”をレビュー

IT・デジタル ハードウェア
最新のMacBook Pro(左側)と、筆者が使う2014年発売のMacBook Pro Retina、どちらも13インチのモデルを比べてテストした
最新のMacBook Pro(左側)と、筆者が使う2014年発売のMacBook Pro Retina、どちらも13インチのモデルを比べてテストした 全 14 枚
拡大写真
 先にSDカードスロットの話からしてしまったが、当然ながらUSB-A端子が一つもないこともさまざまな不便を招く。マウスが直接挿せないし、何よりiPhoneを充電してデータを同期させる手立てがこのままだとない。アップルから発売される「USB-C to USB Adapter」や「USB-C to Lightning Cable」などの変換アイテムを別途買い揃える必要がある。前者はデバイスを1対1で接続するためのケーブルなので、複数のUSB機器をつなぐならUSB-Aのハブになれるアイテムも合わせて用意したい。

 筆者はUSB-DACやポータブルヘッドホンアンプなど、コンシューマ向けのオーディオ機器をレビューしたり、ふだんPCオーディオ環境で音楽を聴く時によく使っている。多くのオーディオ製品が新しいMacBook Proにはアダプターを介さないと直接つなげないことになってしまった。アダプターを間に挟めば従来通り使えるのか気になって試してみたところ、外部機器として認識され、ハイレゾ音源の再生も問題なくできてひと安心した。アダプターを介したことで音質に影響が出ないか、リファレンスのUSB-DAC内蔵ヘッドホンアンプを使ってチェックもしてみたが、2014年のMacBook ProはUSB端子に直結した状態と聴き比べて特に大きな差は感じなかった。

■レガシーな仕様を変えないことも、プロフェッショナル向けのPCには必要

 以前、「PRO」を名乗るシリーズを展開する某PCメーカーの開発者が、ビジネスパーソンをターゲットとしたPCをモデルチェンジする際は、新しいインターフェースや機能を付け足しながらも、従来から多くのユーザーが使っているレガシーのインターフェースや機能をいかに継続して搭載できるかという点に気をつかっていると語っていた。確かに市場を見回すと、いまだにディスプレイ出力用の端子としてHDMIに加えてVGA端子を乗せていたり、有線LAN端子もしぶとく残すPCをラインナップの主力としている国内ブランドも多い。

 アップルの場合、MacBookの方はまだ一般のユーザーがエンターテインメント用途にも使うスタンダードなPCとして、USB Type-Cに絞り込むという選択をしても良かったかもしれないが、プロフェッショナル向けのPCを標榜するMacBook Proからも、従来のインターフェースを一掃してしまったことはあまりに時期尚早だったと思う。発売後にじわじわと影響が出てくるのではないだろうか。もしも私が会社員だったとして、仕事用のPCとしてMacBook Proの購入を申請しようとしても、実は追加で色んなアクセサリーが必要で、場合によっては周辺機器も買い直さなければならないということがばれたら、会社の承認をもらうのが難しくなると思う。プロ仕様のPCには、革新性よりもコンサバティブな実用性が求められる側面が強いのだ。もしインターフェースを一気に変更するのであれば、周辺機器についてもパートナー企業を巻き込んで一気に新しいMacBook Proのファミリー製品を揃えるべきだが、その準備も不足しているように思う。

 思えば初代のMacBook Airが発売された当初も、USB端子が1系統しかなく拡張性の低さが指摘され、次のモデルでは使い勝手が大幅に改善された。MacBook Proについては今後はどうなっていくのだろうか。Touch Bar搭載の上位モデルは価格が高値だし、アクセサリーを買い足す必要もあるので、筆者としては今後のアクセサリー製品の対応状況なども含めた動向を見守りつつ、買い換えは慎重に判断したいと思う。ただ、もしTouch Barが今後MacBookシリーズのさまざまな製品に広がれば大歓迎だ。ぜひMacBookの次世代モデルにも展開して欲しいし、シリーズの終息がウワサされているMacBook Airにも搭載されて息を吹き返してくれればぜひ買いたいと思う。

協力:アップル・ジャパン
  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4

《山本 敦》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース